2005年05月31日

住まいづくりと風水

フィリピンで元日本兵が見つかったというニュースも、あやしい仲介者のお陰で膨らんだ期待が一気にしぼんでしまいました。

しかし、あんなジャングルの中で80歳を越えた老人が60年間も身を隠して生きてきたと考えると、人間の生命力の凄さを感じます。

あまりにも現代の日本人の家が過保護にされているようで・・・

 ▼ちょっとランキングが低飛行です。
  ここをぽちっと押して応援していただけると嬉しいです!

本日午後から、ほぼプランが固まってきたお客さんと、細かいご要望の刷り合わせです。自営業なので、家を建てて運気を上昇気流に乗せたいというご希望もあり、今日は風水師も交えて間取りや建築時期などもチェックです。

風水は、一般的に言われる『家相』や『色占い』とは異なり、ご夫婦の生年月日や生家、先祖の墓の位置などを調べ、家族の「気のエネルギー」を分析していくようです。

今回のプランは、前回に比べてバランスが良くなったそうですが、ご主人の職業によっても、どの方角に出っ張りがあったほうがいいという法則があるというご指摘で、少しだけ外壁ラインが変更になりました。

その他で重要なことは

・西北に建物を張り出すことで金運が上昇する
・鬼門は水回りだけでなく、吹抜けや階段を避ける
 (室内の気が人や空気の上下で乱される)
・鬼門に植物を植えると財産を減らすので芝生程度にする

などなど、あくまで今回の御家族の「気」を分析した結果、多少レイアウト変更が必要だということになりました。

建物の出っ張りを「張り」と呼びますが、この「張り」の方角が、施主の運気を高めるのにとても重要だというお話です。

今回の建物も「東の気は行動力を伸ばす」と玄関を張り出しています。また「西の気はコミュニケーション能力がつく」ということで、西側角に予定している浴室などを張り出す形になりそうです。

施主も使い勝手が気に入った今回のプラン。風水的にもかなり「バランスがいい」ということなので、6月中旬あたりの入札に向け、プランの訂正を進めていきます。

人気ブログランキングに参加しました!!
こちらをクリックして応援してください!m(_ _)m
ranking_banner


明日は、『配筋検査』に立ち会ってきます!
もう、6月なんですね・・・
  

Posted by cms_hiroshima at 22:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月30日

敷地調査と請負工事契約

建築予定地写真今日は午後から2×4パネルを製造している工場との打合せが入っていました。事務所からおよそ1時間半のところです。

ちょうど道中にこれから着工する方の土地があるので現状を確認するために12時過ぎに立ち寄りました。

計画地の奥にはすでに大手ハウスメーカーのMホームの家が建築中です。私が相談を受けている施主の土地には、バンが止まり、何か測量でもしているようです。

近づいて車を止めてみると、今回の物件を落札した工務店の一級建築士らが敷地調査を行なっていました。本日夕方、請負工事契約を交わそうということになっていたので、事前に敷地の測量や正確な方位などを確認に来たようです。

偶然現場に居合わせましたが、外注や業者任せにせず、担当の設計士自らが現場に赴き、敷地境界線の確認やガス管、量水器の位置などの確認をしているのはやはり評価できます。

コンポーネント工場で打合せが終わった後、その工務店で「請負工事契約」の立会いです。

今回、かなり予算が厳しかったものの、最終的には昨日書いた『セルロースファイバー断熱材』や『樹脂サッシ』まで実現でき、冬の寒さが厳しいこの地区ではかなり快適な家ができるでしょう。

奥に建築中のMホームの家とは、恐らくかなりの光熱費の違いや、暑さ・寒さの違いが出るはずです。Mホームのパネル工場も、工場長が友人なので、一昨年工場内を案内してもらい、製造工程や断熱材の仕様も確認させてもらいました。

サッシまで工場で取り付けて出荷しているのだから、着工したら早いのは間違いありません。

しかし、今回の物件もプレハブ住宅に負けない工程にチャレンジします。

これから確認申請を提出し、6月下旬に地鎮祭が行なわれるくらいのスケジュールとなりそうです。こちらの建物も、その工程をブログで公開していこうと思います。
  
Posted by cms_hiroshima at 23:35Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月29日

セルロース断熱の性能


人気ブログランキングに参加しています!!
こちらをクリックして応援してください!m(_ _)m
ranking_banner


セルロース断熱の性能体験東京出張の第1日目(正確には前日夜入ったので2日目)は、二世帯住宅を考えているメルマガ読者と池袋でお会いし、私の後輩の設計者を交えて二度目の打合せです。

食事の後、施主親子と気になる工法のモデルハウスを見学しました。
モデルハウスと言っても、『Z工法』という断熱工法で建てられた家の体験ハウスです。

上の写真は、現地で見せてもらったミニチュア模型です。

『Z工法』といっても、一般消費者はおろか、プロでも馴染みのない工法ですが、この本を読んでもらえば分かります。

最新版 この本を読んでから建てよう―「断熱」「防音」「結露」、現場からの真実


本を書いているのは、長年断熱工事を手掛けてきた自称『断熱屋』の山本順三さん。
ご本人が事務所としても使っている、埼玉県朝霞市の体験ハウスで、著者本人から直接、この断熱工法の特長を伺うことが出来たのです。

写真の模型は、こちらで施工されている『セルロースファイバー』と呼ばれる断熱材が、いかに防音効果まで有しているかを体験してもらうために用意されていました。

新聞紙などの古紙を綿状にして壁内に吹き込む断熱工法ですが、
断熱だけでなく、壁内の結露、そして防音にも優れているというのです。

一般の木造住宅の壁厚と同じミニチュア模型の中に、ポケットラジオが入れられています。大音量でラジオをつけて、近くにおいてあった小さな袋入りのセルロースファイバーで蓋をするように抑えます。

すると・・・

「何ということでしょ〜う♪」(劇的ビフォーアフター風)

今まで聞こえていたラジオの音が消えてしまったではないですか!

今度は、実際の家の中で実験です。
小屋裏のロフトでミニコンポを大音量でかけてみました。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月27日

東京から帰りました!

砕石地業5月23日から3泊4日で東京に出張し、昨日夜広島に帰って来ました。
とっても有意義な4日間でしたが、その模様は明日以降、少しずつ紹介していきます。

今日は、帰って早々に『配筋検査』の予定だったのですが、朝、事務所に立ち寄ると工程変更のファックスが入っていました。
6月1日に変更です。(-_-;)

しかし、しばらく空けていたので現場の状況を確認です。

あっ!ブログもしばらく確認していませんでした。
きっとランキングは落ちているだろうなぁ・・・

人気ブログランキングに参加中です!!
こちらをクリックしてご確認ください!m(_ _)m
ranking_banner


上の写真の通り、基礎を打つ前の『砕石地業』が終わった段階です。
昔は『割栗石』という、自分の手のゲンコツよりも大きな石を敷き詰めていました。
私も学生時代、実家の土木工事を手伝ったとき、手首を痛めるほど割栗石を運んだものです。

今回の基礎の仕様は『ベタ基礎』
これから防湿シートを敷いて、鉄筋や型枠などを組んでいきます。
また配筋検査のときにでもブログで報告します。

明日は東京出張報告です。  
Posted by cms_hiroshima at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月21日

施工パートナー選び

先日開催したセミナーで『業者選びの鉄則』をお話しました。

そのひとつは、家づくりを担当する施工会社の代表者に会うこと!

つまり、「施工をお願いしようと考えている会社に行き、社長に会って決めましょう」ということです。なぜなら、会社の器は社長以上にはなりません。会社の体質や職人・下請けへの教育は、社長の影響が大きいのです。

今、大企業の不祥事を見ても、サラリーマン社長がどれほど責任逃れをしているか、ブラウン管を通じて見ているはずです。家づくりになれば、他人事ではなく、何かあったら数十年先まで、自分と家族が責任を負うことになるのです。

だから、契約する前には『最終責任者』である社長に会って決めてもらいたいのです。


人気ブログランキングに参加しています!!
こちらをクリックして応援してください!m(_ _)m


本日は、先週入札を行なったNさん家族と、工務店の訪問です。
4社から出された見積書と提案書を比較検討し、2社の社長と会うことにしました。

まず1社目の工務店です。
事務所には、社長のほか見積を担当した一級建築士がお出迎えです。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 22:03Comments(0)TrackBack(0)