2005年07月31日

新聞掲載の反響

中国新聞ハウジングNews_1707
先般取材のあった、中国新聞の『ハウジングNews』土曜版に取材記事が掲載されていました。広島市を中心に、約40万部配布されているそうです。

この記事が各家庭に配布された7月30日(土)に、一般消費者から2件の相談メールが届きました。いずれも広島市内で建築計画のある方です。

おひとりの方は、まず電話での問合せです。ちょうど来週工務店との工事契約を控えた施主家族と打合せを終えて工務店に向かおうとしていたときでしたので、あまり詳しい話が聞けず、メールにてご依頼内容をお送りいただくこととしました。

夕方、ちゃんとメールをいただいたので「中国新聞をご覧になりましたか?」とメールで返信したところ「うちは読売新聞をとっているので、新聞掲載は知りませんでした!」という回答です。

今年の春、土地を購入しハウスメーカーや工務店を当たっているときに、偶然ホームページで弊社サイトを見つけ、それ以来メルマガも購読していたということです。

それが、ちょうど新聞掲載と同じタイミングで、しかも通常メールで相談が来るメルマガ読者が電話で連絡されるとは・・・

もうおひとりの方は、「今朝の中国新聞を拝見して」とのコメントがありました。
  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月30日

地盤調査

サウンディング試験妻の入院・手術などがあったこともあり、数日ぶりの更新となりました。

この間、日本道路公団の副総裁が逮捕されたり、関東を襲った震度5強の地震で、都庁の災害対応すべき厚遇の職員たちが過半数職務怠慢を行なっていたなど、さまざまなニュースが飛び交っていました。(-_-;)

さて、昨日朝、地盤調査を行ないました。
スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる簡易調査です。
郊外の山を削って開発された団地内の敷地ですが、もう開発スタートからは20年以上経過した場所です。

一般的なイメージとしては「もうそんなに経過しているなら、雨などで地盤も締まってきているのでは?」と考えます。しかし、実際には調査をしてみなければ地盤の強度は分かりません。

★人気ブログランキングに参加しています。

このブログのランキングをご確認ください!


地盤調査は、建物の配置計画が決まってから行ないます。
となりの地盤が良かったから、ここも大丈夫だろう!・・・っていう訳にはいきません。

なぜなら・・・
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 10:24Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月25日

シロアリの恐怖

消費者が主催する家づくり講座今日は、私に届いた一通のメールを紹介します。

昨年、私の発行するメルマガでも紹介した一般消費者からのメールです。

この方は、夢を描いて建てた新居が、欠陥工事によって入居後数年で『シロアリ被害』に遭ってしまった方です。

「私たちのような思いをする消費者を少しでも減らしたい!」



そんな想いから、8月6日に消費者向けセミナーを企画されたそうです。
左上の画像にもありますが、詳しくはこちら

メールはかなり「ヘビー」なので、まずはブログランキングで一息つきましょう!

★人気ブログランキングに参加しています。

このブログのランキングをご確認ください!


一旦、欠陥住宅を手に入れてしまった消費者は、そうではない人には理解できないほど、大変でつらい体験をします。

だからこそ、これから家を計画している方、そして住宅関連の仕事に携わるプロの方々は、今回のメールから目をそらさないでいただきたいと思います。
届いたメールは、私の一度目の返信メールに応答されたものです。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月24日

自然界に学ぶ

先週の日曜日は、ブログにも書いたように『劇的ビフォーアフター』を見ましたが、今週はいつも通り、小学生の息子たちと『どうぶつ奇想天外!』です。

どうぶつ奇想天外と『住宅』と、何の関係があるのかとお思いでしょうが、今回の放送は結構家づくりのヒントが隠されていたのです。

★人気ブログランキングに参加しています。

このブログのランキングをご確認ください!


まず、『オトシブミ』という昆虫の登場です。カミキリムシに似た昆虫ですが、葉っぱを丸める習性があるというところから、VTRがスタートです。

葉っぱを口と手を使いながら器用に切っていき、葉先からぐるぐると巻いていきます。1枚の葉っぱを巻き終わって、何をするかと思えば、その中に卵を産み付けるのです。

卵を産みつけた後、木から切り離して地面に落とします。
文章だけでは分かりづらいので、グーグルで見つけたサイトをリンクしてみます。
http://www.d1.dion.ne.jp/~k_izawa/otoshi.htm

これが、昔の人には「落し文」に見えたのでその名がついたそうですが、その巻かれた葉っぱの断面が映し出されると、見事に卵が「外敵」だけでなく「外部の温度変化」にも守られているということが分かります。

つまり「天然の断熱材」でくるんでいるのです。

続いて取り上げられた『ナイルオオトカゲ』は、動物界の大ドロボウという紹介です。
こちらはどんなヒントが隠されていたのか・・・
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 22:39Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月21日

新聞社からの取材

昨日、地元の中国新聞社の取材を受けました。
毎週土曜日に入る『ハウジングNews』に紹介されるそうです。

テーマは『住クリエイター』
これまでの掲載事例を見ていると、劇的ビフォーアフターと同様、建築士(自分たちは「建築家」といっている)ばかりの紹介コーナーのようです。

「私は作品づくりを目指す建築家とは対極ですが、いいんですか?」

ライターと名刺交換した早々、そんな疑問をぶつけました。
でも、やはり私が運営しているサービスを下調べしているらしく、「消費者の家づくりの参考になる取り組みならOKです」という回答です。

★人気ブログランキングに参加しています。

このブログのランキングをご確認ください!

1時間あまり、資料を交えながらこれまでの事例を話しました。

これまで、このコーナーに紹介された建築士たちは、どのようなデザイン、空間を自分たちがつくったのか、つまり『アウトプット』を重視していました。
極端に言えば、写真にして「目を引く」住宅です。

私は「どのような家が出来上がるかという『アウトプット』よりも、どのような『プロセス』で家を建てるのか、『住宅業界の非効率なプロセスを替えようとしている!』」というような話をしました。

ライターと話をしているともっと分かりやすい事例がありました。
それは・・・
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 21:55Comments(5)TrackBack(1)