2006年04月28日

透湿防水シートの施工

透湿防水シートの施工ようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

出張中に建て方が終わってしまったTさんの現場ですが、瑕疵に対する10年保証でも重要な「雨漏り」のしない建物とするために、防水工事がしっかり施工されているかチェックしなければなりません。

専門書でも、基礎の配筋や構造躯体に関するチェックポイントはどの書籍でも詳しく触れられていますが、こと「防水」に関しては詳しく解説している書籍は限られます。

しかし、「防水」や「断熱」といった、仕上ると見えなくなる部分のチェックがとても大切です。

写真は、外壁の下地となる「透湿防水シート」を職人さんが張っているところです。米国デュポン社のタイベックシートが良く知られています。外部からの水や風の流入を防ぎ、壁の中に入り込んだ湿気を通す、通気性の高い防水シートです。

サッシ回りから水がしみ込まないように、防水テープを張った上から、この透湿防水シートを重ね張りしていきます。上下も十分重ね代をとって、将来外壁のサイディングのコーキングが劣化して雨水が入ってきても、躯体の中に入らないような丁寧な施工が重要です。

来週は内部の断熱工事です。

  

Posted by cms_hiroshima at 22:41Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月26日

朝日新聞東京本社生活部記者の取材!

朝日新聞東京本社からの取材ようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

今日は、午前中工事中の現場を2件立ち寄り、午後から朝日新聞の生活部の石井記者が東京から取材にお越しになったので、そちらの対応です。

今回の取材は、今年4月からスタートした新企画に関するインタビューです。毎週水曜日に「住まい」のページが始まったそうです。

5月までは「チラシの中にヒントあり」というテーマです。住宅や不動産関係のチラシを、識者や専門家などのインタビューによってさまざまな方角から分析し、一般消費者を啓蒙しようということです。

本日、耐震偽造問題に関連して、多数の逮捕者が出ましたが、今回の事件をきっかけに、新聞の読者にも自己防衛するための情報をもっと提供していこうという試みです。

私のほうは、住宅のチラシ制作の裏側の話や、実際に相談を受けた事例などをご紹介しましたが、記者の石井さんも「えっ!本当にそんなことがあるんですか?」と絶句されていました。

なぜなら、目の前にその証拠書類を提示したからです。さすがに冷静な判断をされる記者でも、その実態には驚かれたようです。

特にローコスト住宅メーカーの手法には、特集を組む必要性を感じられていました。家づくりはブラックボックスが多く、シロウトの施主は、何も知らずに引渡しを受け入居されていますが、その実態を知れば・・・
(ここではとても詳しく申せません・・・)

今回の取材記事は、5月3日(水)の朝刊、生活面に掲載されるそうです。私以外にもさまざまな専門家に取材に行かれているので、私の発言や名前が掲載されるかどうかは分かりませんが、石井さん個人には十分インパクトのあるインタビューだったようです。

インタビューが終わり、事務所に戻ると1本の電話が・・・
ある出版社から、出版のお誘いです。
今年、1冊「家づくり」に関する本を出すことになるかも・・・?  
Posted by cms_hiroshima at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月25日

博多に行ってきました!

関門海峡「壇ノ浦」パーキングから門司港を望むようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

今日は、往復7時間かけて、日帰りで博多まで行ってきました。大学時代、訳あって5年間福岡で過ごしたので、第二の故郷です。

写真は、行きの高速道路の壇ノ浦PA(下関市)に寄った時、ちょうど大きな船が関門海峡を通過していたのでパチリと撮影しました。学生時代から、ツーリングが好きで、この季節はよくひとりで「ソロツーリング」に出掛けていたので、今回の天候と海風がとても気持ちよく、日帰りの強行軍ながら、息抜きにもなりました。
(ひとりで600キロの運転です)

今回の博多出張は、先週届いた一通の封書がキッカケです。
それは・・・

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月20日

エネハクに講師として参加します!

東京練馬詰妖久しぶりの更新となってしまいましたね。
まずはこちらをポチッと押して応援してください!

今週は、月・火と東京に出張して来ました。いよいよ私の運営しているサービスを他地区でも取り組もうとする人たち(複数!)が出てきて、打合せをしてきたのです。

また同様なサービスを行なっている在京の企業の方々ともお会いしてきました。いわゆる

『住生活エージェント』

のひとたちです。

また出張中に朝日新聞本社(東京)からも、取材のメールが届きました。私のメルマガバックナンバー「住宅広告制作の裏側」が目に留まったようです。

上記写真は、昨年の東京出張時に相談に応じ、私の東京時代の後輩に設計させた練馬区大泉学園のI様邸の建築現場です。今回ちょっと時間を調整し現場にも立ち寄ってみました。
床面積70坪強、三世帯が住む三階建ての戸建住宅です。

来週は福岡に行き、やはり私のサービス運営に興味を持っている専門家に会ってくる予定です。また進捗状況はこのブログでも紹介しますね。

さて、前置きが長くなりましたが、今日の話題は6月に開催される

『エネハク』

です。

私も、「ソリューションセミナー」講師の一人として参加します。以下のサイトにプログラムが載りましたのでご紹介いたします。

http://enec-n.energia.co.jp/enehaku2006/

著名人を集めた「特別記念講演会」の下、「ソリューションセミナー」の右端上部に『人気メルマガ発行者が語る 家づくりで泣く人・笑う人』というタイトルで紹介されています。

記念講演では、小泉チルドレンのひとり、料理研究家の藤野真紀子先生が私のセミナーの後に話をされるようです。

広島在住の方は、是非お越しくださいね!
  
Posted by cms_hiroshima at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月04日

内覧会チラシできました!

北面のトップライトようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

さて、今週末は広島市南区で完成した注文住宅の完成見学会です。ようやく案内をつくりました。「MSパブリッシャー」というワードやエクセルの兄弟ソフトで、簡単につくりました。

私のつくったこちらのチラシをプリントアウトしてご来場いただきますと、粗品を差し上げます。
(PDFデータで1.5MBあるのでブロードバンド環境をお勧めします)

上記の写真は、工事中に撮影した北側の2階の部屋です。敷地面積が30坪に満たない狭小地で、両隣の建物も迫っていますが、勾配天井にロフトを設けてトップライトを付けると、とても明るい部屋となりました。

4月8日(土)施主のご協力による1日限りの見学会です。
狭小地という制約条件で、快適に住まう工夫がたくさんあります。
百聞は一見にしかず!  
Posted by cms_hiroshima at 20:12Comments(0)TrackBack(0)