2006年05月23日

大阪に出張してきました!

ザウス水田会長と若本ようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

先週からずっと休みなく忙しかったので、ブログは少しお休みしていました。昨日、日帰りの大阪出張を終え、今朝メルマガを発行したので、久しぶりの更新です。

(先週、曇天の中を地鎮祭を行なったのですが、こちらはユニークな建物なので、着工してからご報告します)

さて、前回のブログでは神戸から、住宅プロデュース事業では全国的に有名な『ザウスコミュニケーションズ』の創設者、水田さんの来社をお知らせしました。今回の大阪出張は、メインの打合せが午後4時だったため、交通費を使ってせっかく関西まで足を延ばすということから、神戸の六甲アイランドにあるザウスコミュニケーションズの事務所にお邪魔しました。

写真は、情報交換を終えた後「お互い、新しい住宅取得の流れをつくれるように頑張ろう!」と意気投合した水田さんとの記念撮影です。

これには、ちょっと裏話があるのです・・・


人気ブログランキングに参加中!!
こちらをクリックして応援してください!m(_ _)m
ranking_banner


  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月10日

神戸からの来訪者

ゴールデンウィークも明けて、久しぶりの更新となってしまいました。今年のゴールデンウィークは相談ラッシュとなり、メルマガの発行がやっとでした。(メルマガはサボることなく80号まで発行し、まもなく5千名の購読者です!)

さて、本日はGW前にアポイントをいただいていた神戸からの来訪者です。業界では有名企業となった住宅プロデュース会社『ザウスコミュニケーションズ』のパートナー開発事業部の方です。

事前の連絡では、若い担当の方が「御社のご活躍は存じています。当社も全国の主要エリアでパートナー企業を発掘していますので、何らかのご縁が持てれば幸いです。一度お会いできないでしょうか?」といったアポイントをいただいていました。

受付から呼ばれ、打合せスペースにいくと、何と『住まいの適塾』で有名なザウスの会長、水田さんご本人までいるではないですか!

相手はヘラクレス上場企業の(株)クインランドのグループ企業で、外構のCADで有名なRIKなど、住宅に関連するサービスをトータルに提供する新興企業グループです。

会談の詳細はお知らせできませんが、お互い「いい意味」で有益な情報交換が出来ました。

私の運営しているサービスは、設計コンペなどを中心としている『住宅プロデュース会社』とは、考え方も顧客ターゲット層も異なります。しかし『住生活エージェント』という大きなくくりで言えば同業者ですし、業界全体の底上げ、信頼性の向上を目指すという意味では、お互い協力することが、自分たちだけでなく社会や消費者のメリットにつながっていきます。

水田さんも大きな希望と志を持って、この事業をスタートされ、ここまで引っ張ってこられました。私も、彼ら先駆者企業に刺激され、逆に彼らにも刺激を与える立場となれるよう、これからも前向きに活動して行きたいと思います。

日本の住宅と供給の仕組みを変えていきたい!


ビジネスモデルは違えど、熱い思いは同じです。  
Posted by cms_hiroshima at 22:01Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月01日

入札を終えました!

GWの住宅展ようこそいらっしゃいました!まずはこちらをポチッと押して応援してください!

今年もゴールデンウィークがスタートしました。私が独立して会社設立をしたのが平成13年5月1日なので、本日は

「会社設立5周年!」



今日から第六期に突入です。

先週末は入札を行ないましたが、今回はこれまで最多の7社が、期限内に見積書を提示してきました。

集計表をつくるだけでも結構大変でしたが、施主のNさんは目の前に出された7社分の見積書と提案ボードなどのプレゼン資料を目の前にして「これをゴールデンウィーク中に見て、数社に絞り込むんですよね・・・」と、嬉しい悲鳴(と、ちょっとため息)です。

上記の写真は、昨日、広島の郊外『西風新都』で開発している大型団地「こころ」の住宅展をのぞいて見た時の写真です。

大手と地元ハウスメーカー二十数社が、1年間の展示期間を経て、来年には売却される「等身大」の展示場です。ここ数年力を付けてきた当社登録工務店の1社も、大手ハウスメーカーに混じって出展し、善戦していました。
(今回の7社の入札にも参加)

考えてみると、この住宅展を個人の施主が回って、7社の見積を集めることを考えれば、どれほどの営業攻勢と時間拘束と、契約のプレッシャーを掛け続けられるでしょうか?

恐らく毎日のように電話や訪問が相次ぎ、きちんとした見積の明細もなく、十分比較検討できないまま、「もう根負けしたから、熱心などこかに決めよう!」となっていたのではないかと思います。

今回、久しぶりに入札までに2度プランを描き換えましたが、Nさんは営業攻勢のストレスを感じることなく、また工務店に訪問、接触することなく希望のプランと7社の見積、そして見積内訳の分析を手にすることが出来ました。

冷静に検討できる精神状態で、仕様と性能そして単価を比較検討しながら、自分たちの意思で仕様や設備、そして施工パートナーを選んでいきます。

住宅は大きな買い物なので「冷静に判断する」のは発注者として、当然ですよね!?

しかし、こんな当たり前のことができないほど、住宅展示場では「非常識」な営業活動が繰り広げられています。十分納得していないまま、契約に「追い込まれ」てしまう方が決して少なくありません。

私のほうは、今期も施主と施工者の「Win−Winの関係」をさらに広げて行きたいと思います。  
Posted by cms_hiroshima at 23:58Comments(0)TrackBack(0)