2007年06月20日

工務店向けセミナー終了!

中国電力柳井火力発電所ふれあいホール今日は、中国電力(株)柳井営業所からの依頼で、柳井市周辺の工務店、設備業者さんなどを集めたセミナー講師を務めてきました。会場は、柳井火力発電所内にあるふれあいホールという場所です。

参加は四十数名、午前10時から2時間のセミナーでしたが、午前中のセミナーのほうが皆さん元気があっていいようです。

セミナー終了後、ちょうどオーストラリアからLNGのタンカーが入港し、中電社員の方でも入ったことがないという船着場にもご案内いただきました。

  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 23:05Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月16日

構造見学会終了しました!

構造見学会直前の案内(ニュースレター)しかお送りせず、久しくメルマガも出していないので、誰も来ないかもと思われた構造見学会の1日目が終わりました。

写真は、外気温(2階バルコニーの日陰部分)と、2階ロフト部分、そして1階の居室部分の温湿度計の写真です。「電波時計」なので、日時はごまかしなく、建物自体の性能が数値で分かります。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 22:13Comments(1)TrackBack(0)

2007年06月10日

リビングひろしまで著書を10名にプレゼント企画?!

リビングひろしまのプレゼント記事最近、弊社でも試験的にミクシィのようなSNS(コミュニティ・サイト)を始めました。
すでに弊社サービスを利用して家を建てられた方を中心に、少しずつ招待していますが、お客さんのMさんからコミュニティサイトへの参加のメールと併せて「若本さんの本が、リビングにプレゼント企画で載っていましたね!」と連絡いただきました。

「えっ?!」と思って、週末配布されたフリーペーパー『リビングひろしま』を手に取ってみると、9ページに私の書いた本『家づくりで泣く人笑う人』が10人にプレゼントとなっていました。
全く聞いていなかったので新聞を見て驚きました。

記事は(社)広島県建築士会事務局長の山口さんへのインタビューで「教えて!地震に強い住まいを建てるには?」というタイトルです。

どうして私の本がプレゼントとして取り上げられたか不明ですが、簡単なアンケートに答えると10名の方にプレゼントされるそうです。応募は6月22日までなので、すでに持っている人はお友達にご紹介ください!(笑)

広告を出している「オールハウス」さん、「ユートピアホーム」さん、そして「アーバンハウジング」さん・・・
当社にお客さんが来たらゴメンナサイ♪

家づくりで泣く人・笑う人―あなたの家づくりを成功させるプロの秘訣を大公開!
  
Posted by cms_hiroshima at 22:09Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月09日

広島初の新しい屋根材を施工!

コロナ屋根材屋根材と言えば、ほとんどが「瓦」か「カラーベスト」です。
大手ハウスメーカーの家も、その価格とは裏腹に結構カラーベストが使われています。プレハブ住宅は寄棟屋根が多く、デザイン的にも瓦屋根は似合いません。
また、屋根を軽くし、全体コストを下げるためにも、カラーベストが多用されたのでしょう。その他に、最近使われているのは「ガルバリウム鋼板」や「ファイバーシングル」です。

築10年のハウスメーカー施工のカラーベスト屋根右の写真は私が住んでいる安佐南区のAシティの中にある住宅街「Aシティアベニュー」に並んだ大手プレハブメーカーの家です。
大塚小学校のすぐそば、私がAシティに入居した11年前には、まだ更地だったところで、900区画の戸建て住宅分譲をした最初の区画です。当時は、土地もかなり高く、電柱を地中化するなど環境重視で高額所得者向けの分譲地だったので、写真の家もかなりの金額したはずです。
しかし、10年で写真のように色褪せした屋根になってしまうのが、従来のカラーベストの宿命でした。
(最近は良くなっているようです)

今回は、縁あって新築では広島初!ニュージーランドから輸入した屋根材『コロナ屋根』を使ってみました。写真にあるように、ガルバリウム鋼板の下地に、ファイバーシングルと同様に天然のストーンチップを焼付けたもので、軽くて色褪せない、なかなかいい素材です。

山陰で頑張っている大島建材さんとの縁でその存在を知りました。

通気層も素材自体で出来ており、屋根の表面温度も抑えられるということで、またまた小屋裏(ロフト)の温度を測ってみました。


  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 00:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月07日

えっ!どうしてこんなに涼しいの?!

ダイニングカウンター上の温湿度計メルマガの発行も1ヶ月近く出来ず、ブログも放置状態です。時間を調整して書こうと思っても、次々と相談や現場対応などが押し寄せ、皆さんにお知らせしたい情報も公開できずにいるので、申し訳なく思っています。

今、コミュニティサイト『住まいるドット・ネット』というSNSも準備中で、私のサービスを利用されてすでに家を建てられた方を中心に、試験運用中のサイトにご招待しています。

ブログよりも双方向性が高いので、本気で家を建てようとしている人たちには有益な情報が溢れるサイトになるでしょう。

さて、今日のタイトルは、今年4月から入社した弊社の新人スタッフ(とはいっても、私とは十年来の仕事関係の知人)の田中さんが、数日前に工事中の現場に行って発した言葉です。

彼女は、住宅リフォームの営業から、造船のCAD設計、雑誌のライターなど、さまざまな経験を持った、スーパーウーマンで、ちょっとのことでは驚きませんが、今回の現場は違ったようです。

写真は電波時計付きの温湿度計なので、日時や温度・湿度がよく分かると思いますが、移動中の車内は40度近くなるような暑さの中、完成間近の現場で計測した写真です。

日当たりのいいリビングで、工事中なのでエアコンなどはありません。「今日は暑いねぇ・・・」といいながら室内に入ると、ヒンヤリしているように感じます。車の中に置いていた温湿度計を取りに行き、しばらく置いておくと26度を切ってきました。湿度が40%台なので、やはり涼しく感じます。

念のため家の中に入る前にも温湿度計を撮影していましたので、比較してみて下さい。


  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 00:52Comments(0)TrackBack(0)