2008年09月29日

セミナー終わりました!

セミナー会場の様子忙しくて、十分資料準備の時間も取れませんでしたが、中国新聞者主催の『リフォーム・エクステリアフェア2008』の講演も無事終わりました。

午後12時20分からの「お昼の部」と、午後3時半からの「午後の部」2回にわたった40分のセミナーでした。

講師控え室講師専用の控え室も用意してありました。控え室からはイベント会場が見下ろせる贅沢な部屋で、2時間半待機してもらおうという運営者の配慮です。

しかし、空き時間にゆっくりしている余裕はありません・・・。
ちょうど入札を終え、工務店との面談を控えている方が「週末に入札に参加した工務店に訪問できないでしょうか・・・?」との相談があったので、会場から徒歩で行ける「入札参加企業」にアポイントをいれ、1時間半ほど外出です。

  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 06:12Comments(2)TrackBack(0)

2008年09月28日

今日はリフォームフェア講師です!

中国新聞リフォームフェア新聞広告このところ、とても忙しくて中国新聞に何度も掲載していただいているセミナーの告知も出来ないままでいました。(とはいえ、昨日のカープ対ヤクルト戦は広島市民球場まで駆けつけましたが・・・)
とうとう今日になってしまった『リフォーム・エクステリアフェア2008』
これから講演会会場に駆けつけます!!  
Posted by cms_hiroshima at 10:19Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月19日

ル・コルビュジエ展に行きました!

ル・コルビュジェ展工事着工が相次ぎ、現場対応だけで大変な状況が続くなか、土地が決まった人たちのプランも次々と依頼されるので、嬉しい悲鳴状態です。

ようやくメルマガも「号外」ではなく、正規号の「101号」を11ヶ月ぶりに発行しました。今回より、編集は弊社福岡オフィスに着任した林君に任せ、編集後記だけ書く「発行人」になりました。

そんな忙しい間隙を縫って、広島にやってきた『ル・コルビュジエ展』に家族で行って来ました。広島県立美術館で、9月18日まで開催されていました。

会場で、建築とは全く関連のない仕事をされている2人の知り合いに、それぞれ偶然お会いしましたが、ル・コルビュジエくらいの有名な建築家になると、一般の方たちも感心を持って会場に足を運んでいるようでした。

以前より将来、ル・コルビュジエの革張りの椅子を買って自宅に飾りたいと思ってきましたが、私自身が実際に学生時代から良くも悪くも影響を受けた建築家は、宮脇檀さん。今の仕事を始めて、ホームページを作って最初に「コラム」で取り上げたのも、宮脇さんでした。

コラム「それでも建てたい家

昔あこがれていた「建築家という職業」も、今や色褪せて見えますが、やはり著名な建築家の作品に触れると、本物のもつ迫力が感じられます。思わず、コルビュジエの本を2冊買って帰りました。(笑)

今日は、広島市民球場で中日戦も観戦してきましたが、こちらは独自運営している会員制コミュニティ(SNS)のウラ日記で紹介しますね!  
Posted by cms_hiroshima at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月10日

アメリカのインテリア

ウエスタン・パシフィック社前での記念撮影ポートランド出張の4日目も終わりました。明日、成田に向けて帰ります。

今日は、現地でドアやケーシング、モールディングといった室内装飾の建材を扱っている『Western Pacfic Buildeing Materials Inc.(ウエスタン・パシフィック社)』の国際部販売部長、ダニー山本さんに案内していただき、同社の工場やショールーム、そしてインテリア関係のショップなどを視察してきました。

写真は同社の前で撮影した画像です。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 16:17Comments(2)TrackBack(0)

2008年09月09日

ポートランド出張3日目

ポートランド郊外の街並みハードスケジュールでメールのチェックくらいしか時間がなかったオレゴン州ポートランドの出張ですが、もう3日目が終わろうとしています。

写真は、ポートランド郊外の古い住宅地に案内されて、今日の夕方撮った画像です。日本の古い住宅街と違って、建物の古さを感じさせません。

庭の手入れも行き届き、日本のように「境界ブロック」で自分の敷地を強調することも、道路との段差をコンクリート雍壁などで垂直に分断することもありません。

敷地の大きさが違うといえばそれまでかもしれませんが、小さな敷地で、平屋のお宅でも、しっかりと存在感のあるアプローチや佇まいを見せていました。

今日の案内役は、日本ではあまり馴染みがありませんが、北米有数のキッチンメーカー『Dewils社(デウィルズ・インダストリーズ株式会社)』国際営業部の中込部長にお願いしました。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 15:29Comments(0)TrackBack(0)