2009年11月26日

事業仕分け後半戦に思ふ

民主党政権に交代して、一番注目されているのはここ最近毎日のように報道されている『事業仕分け』でしょうね。国立大学の学長や、歴代のノーベル賞受賞者まで記者会見を開いているので、どうしても注目されます。

事業仕分けの目的は、表面的には「コスト削減」

しかし、本当の目的は納税者の貴重なお金が、どこにどのように使われているのかを精査しようということです。

皆さんが、家を建てようとした時に、プロに相談するとすぐにプランと見積書が出て来るでしょう。いわば『家づくりプロジェクトの事業計画書』です。

その事業計画書は、自分たちが作ったものではなく、手馴れたプロが用意してくれたものです。その中身は、彼らは良く知っていますが、お金を負担する側が本当に理解できているでしょうか・・・?

「ハウスメーカーや工務店(プロ側)=官僚」と考えると、じょうずに計画と予算を作成し、もっともらしく説明が可能です。公共事業は、国民が負担した税金から出て行きますが、直接私たちの懐から出て行くわけではありませんね。

家づくりはどうでしょう・・・。

仕分け人による『事業仕分け』同様に、計画内容(設計プラン)や予算(見積金額)を精査し、必要なところにしっかりと予算が使われるように、チェックをする交渉人がいたほうがいいと思いませんか?

目的は「コスト削減」ではなく、予算を効果的に使い、目的達成を最大化することです。結果として無駄が省け、本当に必要な事業とその方法が見えてきます。

事業仕分けは、官僚を否定することではなく、説明不足で利害関係者でさえ説得できなかった国家公務員のプレゼン力を高めて、意識を改革することです。

私たちの仕事も同じです。  

Posted by cms_hiroshima at 13:11Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月21日

住宅ローンの攻略法

住宅ローン攻略法の中山さん今月半ばにメルマガの臨時増刊号を発行しました。その号で、以前私が購入した『住宅ローン審査速攻承認プログラム』の紹介をしました。

私自身はその内容とボリュームに、他にない価値を認めましたが、上記販売ページをクリックすると、「なるほど」と思う反面、発行者が実在する人物なのか、怪しく感じる部分もありました。何度かメールでやりとりするものの、ヤフーのフリーメールでもあり、首都圏在住ということだけが分かるので、東京出張の折に直接お会いすることにしました。

ジャパンホームショー写真は、住宅関連で最大級の展示会『ジャパンホームショー』の会場となった東京ビックサイトでお会いした、住宅ローン審査速攻承認プログラム発行者の中山恵理子さん。1階のレストラン『ニュートーキョー』で食事をして、情報交換させていただきました。

何と6人の子沢山で、とても美人の方でした。
彼女の音声解説もついているので、住宅ローンが分からなくてお悩みの方は、このプログラムはお勧めです♪

以下のページをクリックすると、私も上のほうで推薦のことばを書いています。自宅で何度でも学習し、自分たちにあったローンを選べるので、住宅購入金額を考えればとってもお得です!

■住宅ローン審査速攻承認プログラム  
Posted by cms_hiroshima at 08:20Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月18日

長期優良住宅の構造見学会

長期優良住宅建築中!先週末は、佐伯区で完成内覧会を行いましたが、今週末の日曜日は安佐南区で構造見学会を行うことになりました。

この建物は『長期優良住宅』の認定を受けた住宅で、百万円の補助金を受けられる代わりに、建設途中の公開をしなければなりません。

国交省に『長期優良住宅普及促進事業支援室』が設立され、全国の長期優良住宅の公開予定が検索できるようになっています。

http://www.cyj-shien.jp/info.html

建物の耐久性や維持管理、省エネルギーなど、高い性能を求められますので、そのような建物がどのような構造・仕様になっているのか、一般にも公開して、この制度の認知度を一般市民まで広げようということのようです。

詳しくは、住まいの情報発信局の解説をご覧下さい。

http://www.sumai-info.jp/chouki/index.html

近隣には工務店側がポスティングを行っていますが、見たいという方はこちらの問合せフォームにて資料請求下さい。  
Posted by cms_hiroshima at 18:14Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月09日

お引渡し終わりました

M様模型お引渡し11月1日に見学会を開催させていただいた安佐南区のMさんも、お引渡しの日を迎えました。ついこの前に棟上げを動画撮影したと思ったら、もう完成です。

見学会は、日曜日の午後から3時間だけ行いましたが、ニュースレターの郵送だけで十数組の来場がありました。樹脂サッシを採用したせいか、気密測定の数値もC値=0.8cm2/m2と、工務店のスタッフの予測以上の結果が出て、見学会でも熱心に説明していました。

お引渡しは、好例の模型プレゼント。
パチリと記念撮影です。

完成間近のK様邸今週末は、佐伯区で完成見学会を行います。右の写真の通り、清掃も終わり見学会開催を待つばかりの現場は、大きな吹き抜けが明るい素敵な住まいになりました。

こちらは別の工務店が担当しましたが、内装下地段階で気密測定したら、上記安佐南区のMさんと同じ程度の数値が出ました。まだまだ寒さは本格的ではありませんが、今年は暖かく過ごせると思います。

こちらも間もなく模型が出来上がり、お引渡しを待つばかりです。

広島県知事は、湯崎さんが2位の河井案里さんの2倍以上の得票で当選しました♪  
Posted by cms_hiroshima at 21:52Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月05日

広島県知事選の行方

急に話題が住宅から離れますが、私が住んでいる広島では16年間も続いた藤田県政も4期でようやく終わり、新しい知事が立候補しています。

女性県議から知事選に手を挙げた方を除いて、一般的に知名度のない方ばかりが立候補していて、今ひとつ盛り上がりに欠けていましたが、先週末に本屋さんに行って、たまたま下の『巨大通信ベンチャーの軌跡』という本が目につき、私の認識も変わりました。

巨大通信ベンチャーの軌跡 ブロードバンドをめぐる攻防巨大通信ベンチャーの軌跡 ブロードバンドをめぐる攻防
著者:湯崎 英彦
販売元:日経BP社
発売日:2009-10-15
クチコミを見る

公職選挙法の影響もあるのか、本屋にも何もPOPが出ていませんでしたが、著者の『湯崎英彦氏』は、経営コンサルタントというプロフィールで今回の広島県知事選に立候補している人だと気づきました。

ヤフーBBやイー・アクセスなど、巨人NTTに立ち向かう通信ベンチャーの中で、通産官僚を辞めてたったの6人から『アッカ・ネットワークス』というADSL接続の通信ベンチャーを立ち上げ、ジャスダック上場まで果たしたベンチャー企業経営者が、今回広島県知事選に立候補したその人でした。

私よりも5歳も若く、たった8年で400億円の売上を達成したというから、官僚出身者でなくてもなかなか出来ることではありません。

本の内容に関しては、今ひとつ刺激が足りませんでしたが、閉塞感漂う広島県を変える「ベンチャースピリッツ」を発揮できるのか・・・。

選挙は週末の日曜日。
広島県人として少し期待が持てそうです。  
Posted by cms_hiroshima at 23:41Comments(0)TrackBack(0)