2013年04月06日

伊勢神宮の門前町『おかげ横丁』に行ってきました!

伊勢おかげ横丁家づくりの仕事をしていると、土日はほとんど相談業務等で休みが取れないので、毎年春休みの時期の平日に連休を取り、家族旅行が通例となっています。

今回の家族旅行は、式年遷宮で20年ぶりに正宮が新しくなる伊勢神宮に行ってきました。事前に門前町となる『おはらい町』に、前回(20年前)の式年遷宮の時にオープンした、古き良き時代を再現した新しい街「おかげ横丁」の開発プロジェクトの話を聞いていたので、内宮をお参りした後、街歩きをしてみました。

おかげ横丁の路地裏1980年代、車でのお伊勢参りがほとんどとなり、参道と並行して走る国道23号線周辺に駐車場が整備されると、この参道を通る人波は急減し、全国どこにでもあるシャッター通りのような参道になったようです。そこで、この地で1707年から操業している地元老舗企業「赤福」が中心となって、お伊勢参りで賑わっていた江戸時代を再現する街の再開発がスタートしました。赤福自身も鉄筋コンクリートの自社ビルを解体し、社員が手分けして周辺に住んでいる人たちから土地を買い上げ、約2700坪の用地を取得しました。

全国にあるテーマパークや温泉街などのように、構造躯体は鉄筋コンクリートに和瓦や表面だけに木を張り付けた、歴史や厚みを感じられない「疑似和風」の建物ではなく、伊勢神宮の式年遷宮によって、伝統的な技術を持った大工・職人が多くいる町だからこそ、違和感なく江戸時代から明治時代をイメージさせる街並みが再現されていました。少し街の様子をご紹介しますね。

  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 16:51Comments(0)TrackBack(0)