2014年04月23日

安佐南区でお引渡し終えました!

お引渡し前のインテリアいつもはお引渡し時に施主と記念撮影をするのですが、こちらの現場では消費税駆け込み等の混乱で着工が遅れ、入居を急いでいたため、お引渡し当日に引っ越し荷物が運ばれる中で、事務的にお引渡しの手続きだけ行いました。

もちろん、施主は満足され非常に喜ばれていたものの、汗だくになっても大丈夫な作業服姿で、奥さんは12月に第二子を生んだばかり、奥さんの両親も引っ越しの片づけを手伝っている状況で、記念撮影は見送りました。

ご夫婦のご希望は、出来るだけ広く、子供がどこにいても奥さんがキッチンで目が届くように間仕切り壁のないLDK空間。また明るさも気にされていたので、構造的に工夫が必要な間取りとなりました。リビングの角、吹き抜けのある階段空間の手前に『丸太の大黒柱』を配置したのも、工夫のひとつです。

この広い空間に、普通の3寸5分や4寸の柱が立っても、マッチ棒のように頼りない太さで存在感はなく、「どうしてあの柱は取れなかったんだろう・・・」と空間を阻害するものにしかならなかったでしょう。太い丸太が立つことで、吹き抜けの上部を支えているという安心感、存在感のある空間になりました。シースルー階段もソファーを置く場所からいい距離感です。

新学期の通園で、奥さんの自宅から通わざるを得なかった長男君の幼稚園も、ようやく新居周辺の同級生といっしょに園バスで通うことが出来そうです。最初の相談から3年近く経ちますが、夢の実現に協力で来て私も肩の荷が下りました。これから暑くなってきますが、快適に暮らしていただけそうです。  

Posted by cms_hiroshima at 14:26Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月17日

構造見学会開催します!

現場打合せ安佐南区で『地域型住宅ブランド化事業』(長期優良住宅)の補助金を得て建築中の現場で、今週末の4月20日(日)構造見学会を開催します。

画像は施主立会いの下、コンセントやスイッチ、下地補強など、断熱材を施工してしまうと移動が困難だったり隠れたりする部分を中心に、現場で確認をしているところです。

この段階では、なかなか完成したインテリアのイメージなども湧きにくいのですが、実際には入居した時の家具や大型の家電製品の設置場所、大きさなどを把握しておくことが大切です。お引っ越し後に使い勝手が悪かったり、不足していたということがないように、私も立ち会って図面と比較しながら確認していきました。

今週は断熱材の施工を行っていますが、この段階で現場を見ていただくと、建物の構造や、完成したら隠れてしまう部分の施工レベルなどが確かめられます。長期優良住宅の補助金を得るためには、近隣の人たちにもこの制度をPRし、モニター的に工事現場を公開するように義務付けられており、その対価として100万円の補助金が得られます。

100万円の補助金をもらえても、木造二階建てでは不要な「構造計算」ほか、仕様や強度もかなりグレードアップし、一般の基準法クリアレベルの家と比べて補助金以上の金額アップとなりますが、高い断熱性能(省エネ性能)やメンテナンスの容易性など、投資に見合う住宅を手に入れることが可能です。

施主のプライバシーやセキュリティのこともあるため、ネットでは場所等の公開はできませんが、資料請求を戴いている相談者には郵送でお送りしました。なかなか見る機会がない現場、これから家を建てる方にはぜひご覧いただきたいですね。  
Posted by cms_hiroshima at 17:44Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月13日

無事お引渡し終えました!

完成模型プレゼント先週完成見学会にご協力いただいた廿日市のK様、昨日無事ご家族に新居をお引渡ししました。施工を担当した工務店側がリビングにレッドカーペットなどを用意して、少し仰々しいお引渡しのセレモニーです。

鍵のお引渡しから「検査済証」や「各種保証書」、住宅設備機器等の「取扱説明書」などをお渡しし、私のほうから完成模型のプレゼントです。事前にお話ししていなかったので、施主のほうは「何のプレゼントですか?」と四角いケースに目が釘付けにされていましたが、包装を取り除いて現れた『精巧な完成模型』に大感激です!

世界にたったひとつしかない、オリジナルな手作りプレゼント。喜んでいただいたようです。

お引渡しセレモニーこの模型プレゼント、お客様の声を頂いたお礼として、実施設計図を基に正確に100分の1で製作しています。素材は紙ですが、外壁や屋根の色や質感などもかなり本物に似せて、玄関ドアもメーカー品番を調べてプリントアウトしたものを張り付けています。

奥さんが「まだまだこの家はモデルハウスのような気がして、自分たちの家とは思えないほど素敵な家が出来ました!」と喜んでいましたが、新入学の子供たちのランドセルや制服と同様、最初は少しぎこちなさや借りてきた衣装のようでも、すぐに本人たちに馴染んでくるでしょう。工務店の社長、専務と現場担当者を交えて記念撮影です♪

お客様の声は92番目となりました。
こちらです⇒ http://cms-hiroshima.com/reason/reason-092.html  
Posted by cms_hiroshima at 11:41Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

廿日市で完成内覧会開催中!

完成模型先月に引き続き、今回もまた廿日市市にて完成内覧会を開催しています。来週お引渡し予定のお客様の注文住宅を限定で公開です。

前回の見学会から1Kmも離れていない場所ですが、こちらの現場を担当したのは(株)池芳工務店。長らく外張り断熱の住宅を手掛けており、今回は『ネット・ゼロエネルギー住宅』を目指して、断熱性能はもちろんのこと、太陽光発電で売電することで、エネルギーの自立が出来るようにと、屋根には10Kwのソーラーパネルを搭載しました。

当初の外観は、普通の『切り妻屋根』にしていましたが、立地条件や建物の面積から、設置後20年間割高な固定料金で買取りをしてくれる10Kwのソーラーが載りそうだということが分かり、屋根形状を『片流れ』にしました。外壁は漆喰塗りで屋根もオレンジ系の洋瓦を使ったので、結構おしゃれな外観になりました。

内覧会のインテリアインテリアは施工を担当した池芳工務店が、自社の家具を搬入して、まるでモデルルームのように演出していました。やはり何も置いていない空間よりも、家具を置いておくほうが雰囲気も良く、実際の生活もイメージできますね。

実はキッチンが「仮納品」ということで、見学会用に間に合わせで設置したということ。先月の関東地方の大雪で、メーカーのリクシルの倉庫か工場が被災し、注文していた建材や設備等が出荷できない状態が続き、今もその影響が他メーカーにも及んでいるそうです。

明日も1日、廿日市速谷神社近くで見学会を行っています。私も午後から立ち会う予定です♪  
Posted by cms_hiroshima at 14:19Comments(0)TrackBack(0)