2014年11月27日

地震に強い家

3寸の太〜い筋交い先週土曜日夜に発生した長野県の震災は、白馬村で多くの倒壊建物を目にし、建築関係者も衝撃を受けています。なぜなら、長年あの豪雪に耐えるほどの太い柱や梁を使った古い民家まで柱が折れ、1階がつぶれている家の映像を数多く目にしたからです。

画像は現在府中町で建築中の注文住宅の構造部分。柱間に横揺れの荷重に耐える斜め材の『筋交い』を取り付けていますが、この現場を担当している工務店では柱の太さと同じ3寸5分(約10cm)の太い筋交いを採用しています。通常はタスキ掛けできるように、柱の半分以下の太さで『筋交いプレート』という金物をビス止めして固定します。

この現場では、柱にボルト固定することで柱の抜けなども防止し、より強い壁をつくっています。白馬村の民家が倒壊した理由は大きく2つあり、そのひとつは昔ながらの「木組み」(金物を使わず、継手や仕口加工で木材を繋ぐ)によって、大きな力が「加工した継手部分の破壊」や「土台からの柱の抜け」となって、2階の荷重に耐えられなくなった様子がみてとれました。

木材自体は太くても、継手部分はオスとメスで細く加工されることと、金物で緊結しないので、あまりにも大きな力が掛かると抜けてしまうということに繋がります。特に筋交いの端部は、柱が抜ける方向に大きな力が掛かります。

そしてもうひとつの理由は・・・  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 11:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月21日

広島ホームテレビで放映されました!

広島ホームテレビ「Jステーション」での放送去る11月16日(日)に取材を受けた地元放送局の広島ホームテレビ『Jステーション』で、豪雨土砂災害から3ヶ月の特番の一部に登場しました。京都大学教授による解説の後、実際にがけ近くに建てられた住宅の防災対策や、土地取引の実態について、弊社サービスを利用して建築されたお客様の自宅前で説明を行ったシーンが映像で流れました。

多くの犠牲を出した今回の土砂災害、現実問題としてこれまでの延長で、雨量の予測精度の向上や、土砂災害の危険性に関する警戒情報の伝達方法見直し、砂防ダム等のハードの整備では、災害の記憶が薄れた頃には、また別の災害に遭うリスクは避けられないと思います。

個別に防災対策を構築するとともに、防災に強い都市をつくるためには、これまでの発想や枠組みをゼロベースで考え直し、将来の人たちが「あの災害を経てこの美しい景観が出来たのか?」と思ってもらえるような街並みが再生できたらと思います。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月19日

府中町で棟上げ!

棟上げの記念撮影今朝の広島は少し冷え込みましたが、陽が高くなるにつれ暖かくなってきました。好天に恵まれ、府中町で着工した注文住宅も本日無事上棟です。

お昼には施主ご家族も揃い、ご近所の寿司屋さんから出前してもらったにぎり寿司を棟梁や工務店社長など十数名で戴きました。真っ青な空が広がり、近くでは多くの鳥のさえずりが聞こえる自然豊かな立地ですが、元々段々畑だったところなので、裏山も近く、建築確認を提出した時は「がけ条例があるので、裏の擁壁(石垣)の強度や勾配が安全かどうか確かめなさい」という行政指導を受け、数日間着工がストップされたそうです。

日曜日にテレビ取材に同行した海田町の建物も、すぐ裏が山だったので、土砂崩れの危険性がないか土地家屋調査士に測量してもらい、安全を確認しました。特に今夏広島市内で土石流災害があったばかりなので、最近の申請に対して広島県の担当者はナイーブになっているようです。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 15:57Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月16日

広島ホームテレビの取材を受けました!

テレビ取材今日の午前中、広島ホームテレビの取材を受けました。夕方の情報番組『Jステーション』で、土砂災害から3か月目の今月20日、がけ崩れの危険のある場所での住宅建設に関して、どのような対策が取られているのか、実際の現場で取材できないかとのオファーで、当社サービスで家を建てられたお客様にご協力いただきました。

今夏の土砂災害で大きな被害のあった八木・緑井地区や可部地区などは「大規模な土石流」の発生によって、山の中腹からおびただしい岩石や巨木まで流れてきたため、”建物単体”での設計上の工夫や敷地内での補強などの対処では、いかんともしがたい大規模災害でした。

一方で最初の犠牲者が報じられた安佐南区山本の事例は、裏山の崖が崩れ、1階の奥の部屋に流れ込んだ土砂で2人が亡くなったものの、建物の配置や間取り、敷地内で崖に対する対策を講じていれば、犠牲には至らなかった可能性があります。

今回の取材は、このような『がけ条例』がある地域で、実際にどのような対策が行われているのかを取材したいということでしたが、「そんな危険な地域で家を建てた業者なのか?」とか「がけ条例があることを分かっていて、設計をした建築士なのか?」とネガティブに捉えられるリスクを嫌ってか、ほとんどの取材候補先で断られたそうです。実際に住まれている施主自身に危険を十分説明せず、対策も不十分で「寝た子を起こしたくない」という感情もあったのかも知れません。

当社は、セカンドオピニオンのような存在で、住宅取得の不安や疑問を解消するために、しっかりとした「説明責任」や「判断材料」を提供して、危険なことの説明とそれをカバーするための方法、そして費用を調べて最終的に購入者(施主)自身が安心して意思決定できるようナビゲートしています。だから今回取材させて頂いたお客様も、納得の上でこの場所に家を建築し、補強方法やそのコストについても十分理解されているので、快く取材にも応じて頂きました。

放送は午後6時15分から7時までの間で、10分間の特集ということでしたが、果たして何秒紹介されるのか、危険な地域に家を勧めた「悪徳業者」に間違えられないことだけを祈りたいと思います。(^_-)-☆  
Posted by cms_hiroshima at 15:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月07日

三階建て店舗併用住宅、棟上げです!

棟上げ工事進行中広島は秋晴れが続いていますが、安芸区で着工した店舗併用住宅も、いよいよ棟上げです。1F店舗部分は2階に施主家族が住む店舗併用住宅としては広いスペースを確保しますが、コスト面や快適性を考えて全て木造としました。画像を見ても大きな建物です。

通常、3階建てでは1階に大きな荷重が掛かるため、耐震性能を考えると多くの壁(耐力壁)が必要となりますが、出来るだけ壁を少なくできるよう構造設計を行い、かなり太い梁を使っています。

いつもの棟上げは、応援も含めてせいぜい8人程度の大工で行いますが、この日は10人の大工が入って一気に夕方までに小屋組み(3階の屋根垂木施工)まで終えました。

お昼は仕事で参加できないご主人を除き、奥さんとお母さんが顔を出して、大工さんたちにお昼を振舞われました。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 17:44Comments(0)TrackBack(0)