2019年04月21日

笑顔あふれるエコタウン『Eco-Viikki』

Eco-Viikkiケバトゥリ広場
北欧の国フィンランド旅行の報告第二弾は、首都ヘルシンキ市郊外の実験都市『エコ・ヴィーッキ』の訪問です。ヘルシンキの中心部から北東に直線距離で約8Kmの未開拓地、ヘルシンキ大学の実験農場として利用されていた約24ヘクタールの土地に、エコロジカルでサスティナブルな住宅地で約800世帯、1,700人の人々が暮らすエコタウンです。

1994年からフィンランド政府環境省とヘルシンキ都市計画局が中心となってコンペ開催によって開発がスタートし、2003年に完成した国家的実験プロジェクトで、今でも環境評価のモニタリングが行われている先進的サステイナブルタウンです。

公共交通機関が発達し、1日公共交通乗り放題のワンデイチケット9€(約1,100円)を買えば、ヘルシンキ都市圏のトラム(路面電車)、地下鉄、バス、近郊フェリーが乗り放題でした。人口60万人の都市で、トラムは網の目のように11路線、地下鉄まであるのです。私もホテルでワンデイチケットを購入し、このエコヴィーッキへも地下鉄とバスを乗り継いで、ひとりでこの街を訪れてみました。ヘルシンキ中央駅から乗り換え含め1時間弱のミニ旅行です。
  続きを読む

Posted by cms_hiroshima at 13:00

2019年04月14日

北欧への旅行

ヘルシンキマーケット広場
新年度がスタートし、新しい元号も発表がありました。ブログの更新が止まっていましたが、新年度早々北欧の国フィンランドの首都ヘルシンキに旅行に行っていましたので、数回にわたって住宅や建築に関連する情報をご紹介したいと思います。

今回はプライベート旅行で、2人の子供が成人したということもあって、新婚旅行以来の夫婦2人の海外旅行でした。ずっと予定していたものではなく、たまたま今年のお正月に買い物をした時に、新春のお年玉懸賞に応募した妻に、フィンランド旅行の優待券(「無料招待」は外れ、一部費用負担)が当選したということです。

フィンランドの予備知識はほとんどありませんでしたが、エコロジーな住宅地開発で書籍化されていたヘルシンキ郊外の実験プロジェクト『Eco-Viikki』(エコ・ヴィーッキ)は、以前買って読んでいたので、すぐに思い出して渡航前に下調べしました。

また有名な建築家で「アルヴァー・アアルト」がいて、建築デザインも見どころがいっぱいの地域です。エコ・ヴィーッキをグーグルアースで場所調べをした時に、ヘルシンキの中心街の建物が、あまりにも規則正しく、高さも大きさも整っていたので驚いたことも思い起こされ、実際に現地に行ってみると画像の通り、大聖堂以外は本当に建物が整っていることが分かります。(画像は埠頭にある展望デッキから見た市庁舎や大統領官邸)

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 17:00