2007年12月08日

お引き渡し

引き渡し模型今日朝一番でお引き渡しの立会いをしました。写真は恒例の建築模型と温湿度計です。

今回お引き渡しした現場は、9月の台風の時に、棟上げ直後で雨仕舞を行う前に突風とドシャ降りで雨水の侵入があったりしましたが、その後は順調に進み、無事今日のお引き渡しとなりました。

現場に施主ご夫婦が到着し、久しぶりに奥様にお会いした途端に「せっかく若本さんがいるのに、ほとんど何も相談することなく引き渡しを迎えて申し訳ありません」と言われました。

実家がお隣でもあり、しょっちゅう現場に立ち寄っていたようですが、トラブルも不安もなく「私たちはとても満足です」といっていただいたので、私もとても嬉しく思いました。


以前、セルロースファイバーで断熱した家は、ちょうど同じくらいの外気温の時にお引き渡ししましたが、室内で18度くらいありました。

ロックウール断熱材の施工ダブルの断熱材と防湿シート施工今回の建物は、断熱材をロックウールとしましたが、壁の厚みが140ミリあるので、断熱材を二重に充填し、防湿シートで気密もとって、壁内に湿気が侵入しないように丁寧に断熱施工しました。
今朝も恐らく外気温は6〜8度くらいだったと思いますが、誰も生活しておらず熱源もない竣工したばかりの家で、およそ15度の室温だったので、断熱性能としてはまずまずだと思います。

10時には次の打合せがあり、お昼前には戻ってくる予定にしていましたが、打合せがお昼過ぎまで掛かって、午後1時、3時と打合せが入っていたので、結局ちょっとしか立ち会えませんでしたが、ご家族の満足そうな笑顔を見れただけでひと安心でした。

また落ち着いたら、玄関前で模型を手に施主に記念撮影でもお願いしたいと思います。今住んでいるアパートが寒くてたまらないといわれていたので、来週の入居が楽しみでしょう。




無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」

この記事へのトラックバックURL