2013年08月11日

年一回の施主交流会♪

平成25年施主交流会記念撮影お盆前と消費税駆け込みもあってか、大切なイベントのご報告が遅くなりました。平成20年8月の『感謝祭』からスタートした年一回の弊社主催イベント『施主交流会』が、先日6回目を無事終了しました。

最初は、当社が独自運営しているSNS『e住まいるドット・ネット』の参加者のオフ会として、広島近隣の有志を集めて、ハンドルネームで飲み会をしようという話が進んでいました。皆さん、共通の話題はやはり「家づくり」で、私がWebマスターという位置づけでもあり、家づくり進行中の「子育て世代」がほとんどです。だから通常の「異業種の飲み会」のようなわけにはいかず、家族が参加できるような催しがいいだろうということからのスタートです。

家族が参加するには、子供たちも相手(お世話係)が必要で、費用もばかにならないため、ある程度の経費は会社負担にできるようにサービスを利用された施主や検討中の相談者のご家族が情報交換できる場として『感謝祭』と銘打って開催したのが6年前でした。

毎年8月の第一週と決めて開催しているので、今年参加できなかったご家族は来年調整するなど、何年かぶりに顔を出してくれるご家族もいて、私自身も家族の成長やその後の暮らしぶりなどをお聞きできるいい機会になっています。今年は10年前にサービスを利用されたご家族から、当日入札を終えて工務店との打ち合わせに同席したご家族や、交流会開宴前に初回プランを提示したご家族まで、いろんな段階の施主に参加していただきました。

会場は、広島市でも一番アクセスしやすい紙屋町のそごう本館10Fのイタリアンカフェ。

施主交流会会場のイタリアン&カフェLUDI広島バスセンターから直接つながっていて、小さな子供連れでも安心して参加できるお店としました。

今回ご参加されたご家族で、すでに入居されている方が6組。すでに完成して入居を待つばかりの家族が1組。そしてプラン中や入札を終えて、先輩たちの生活ぶりを聞こうというご家族が2組。施工を担当した工務店は5社と、いい意味で固まらなかったので、これから家づくりをするご家族は、特に各社が建てた家に実際に住んでいるご家族の生の声も聴くことが出来て参考になったと思います。

実際に設計や施工をしている住宅会社でも、入居後に複数の施主を集めてパーティや交流会を開催する機会はあまりないと思います。なぜなら、いいことばかりではなく、クレームや対応のまずさなども指摘される可能性があり、営業マンや現場担当者によって満足度は大きく異なるからです。

特にこれから着工しようとか、まだ依頼を決めていない相談者を呼ぶことは、ヤブヘビになり兼ねず、いい人間関係を築けている施主に個別に協力依頼をすることがほとんどでしょう。当社のように、自社で設計も施工も行わないエージェントが、このように何年経っても施主家族が集まってくれることは、非常に珍しいことだと思います。

しかし、当社のサービスは自ら施工をしないからこそ、いいことも悪いことも隠すことなく、施主自身が判断するための材料を、実際の入居者から聞ける機会を設け、失敗や後悔を無くすことが私の役目だと考えて、ずっとこの交流会を続けています。数年ぶりにお会いするご家族が「快適に暮らしています!」と、大きくなった子供たちを連れてこられるのも、私の楽しみの一つです。

また来年も家族の笑顔に出会えることを楽しみに、1年間頑張って家族の笑顔を増やしていきますね♪

無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」

この記事へのトラックバックURL