2015年07月09日

「スキップフロアのある家」お引渡し♪

キッチンから見渡せる室内シアトル視察の報告が続いていましたが、昨日お引渡しがありましたので、みなさんにもご報告しておきます。ここ最近は工事着工まで手続きに時間が掛かることが多く、ほとんど完成見学会でお披露目することが出来ませんが、今回お引渡しした家は、スキップフロアで地下に音楽室(防音室)があるなど、見どころ満載の建物でした。

画像はキッチンから見た1階の室内で、右手にはキッチンからクローク、洗面所、お風呂が直線で並び、そのまま玄関ホールに通じるようになっています。

ご主人が仕事から帰ってきて、着替えるのも楽で、もちろん奥さんの家事も効率の良い動線にしました。リビングから地下の防音室と、三段ほど上がった『スキップフロア』のファミリールームがあり、奥さんが趣味のミシンを使いながら、家族との程よい距離感を得られる空間が確保できました。

使いやすい家事動線浴室側からキッチンを見ると、その先に勝手口があり洗濯物もそのまま1階で干せるような動線にしていることが分かります。敷地が広いからこそできる動線ですが、いい感じにまとまりました。この収納量は実際に見ていただくと、奥さんの顔がほころびます♪

完成模型プレゼント♪お引渡し時にプレゼントとして完成模型を用意しました。最近では『ドローン』があるので、将来的に自宅の上空から建物を見ることが出来るかも知れませんが、規制も強化されなかなか自宅の全容を見ることが出来ません。しかしこの模型は設計図書から忠実に起こした100分の1の建築模型で、精度も高くリアルに自宅を体験できます。

今回の敷地は前面道路から高低差があり、1.8m程のコンクリート擁壁をつくったので、尚更外部階段まで造った模型で全体像が分かりました。敷地の高低差を利用して、地価の音楽室の防音効果を高め、空間に変化をもたらせるスキップフロアも可能となったのです。

お引渡しの記念写真施工を担当したミツヤホーミックの現場監督、結城さんもかなり苦労した現場でしたが、当初予定よりもずいぶんお引渡しが遅れながら、とても喜んでいただいた施主ご夫妻の笑顔で、疲れや苦労は吹っ飛んだようです。もちろん私も「このサービスをやっていて良かった!」と思える瞬間です!

音楽室はドラムを持ち込んで演奏をする予定なので、実際の入居後も気になるところですが、何重にも防音対策・吸音対策を行い、ハイスペックな空間をつくったので、お住まいになってから様子を聞いてみたいと思います。お引渡し時点のお客様の声をご紹介しておきますね!

http://cms-hiroshima.com/reason/reason-096.html


無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cms_hiroshima/52338876