2017年01月19日

火災に強い家づくり

省令準耐火のコンセントボックス昨年末、新潟県糸魚川市で発生した大火災は、古い木造密集地での火災の危険性を再確認する大災害になりました。つい先日、22年目の黙とうを捧げた「阪神淡路大震災」でも、地震による圧死だけでなく、その後に発生した火災によって多くの命が失われました。

糸魚川の火災は、駅前の商店街で『準防火地域』という耐火性能の高い住宅が求められていたようです。しかし鉄筋コンクリートの建物でさえ、窓ガラスから入ってきた猛火で室内は延焼、強風にあおられて次々と類焼していきました。しかし奇跡的に燃えることなく、焼け野原にたった1軒だけ残った住宅は、特別に耐火仕様で造った木造住宅だったのです。

画像は、現在工事中の現場のコンセントボックス。省令準耐火仕様として鋼製(通常はプラスチック)で、仮に火が侵入しても壁の中を走らないよう耐火パテで延焼を防止しています。壁の下地を石膏ボードで防火としていても、コンセントやスイッチが溶けて壁内部を火が上昇すると、火に勢いがついてしまいます。今では、そのまま天井に火が抜けていかないよう『ファイヤーストップ』という材料で火の回りを抑え込みますが、昔の建物は火災も、床下からの冷たい風も、壁内部を通り抜けていました。

ちなみに画像の左側に見える「筋交い」金物は、熊本地震のような大きな揺れがあった時も、ダイレクトにビス(ねじ)に力が掛かるのではなく、少し歪んで緩衝することで揺れの力を分散させる筋交いプレートです。

準防火仕様の空配管完成して見えなくなる天井の上部も、このようにしっかりと石膏ボードを張り、テレビアンテナやLANの引き込み線などを通す空配管(オレンジ色の蛇腹管)も防火対策を施します。このような作業の積み重ねは、実際にお金を負担された施主も、見積を見ても分からないでしょうし、現場も施工者に任せるしかないのが実態です。

しかし、火災や地震などの災害が発生した時には、この小さな積み重ね、手抜きのない職人さんたちの作業によって、家と家族は守られるのです。それは、お客さんの大切な住まい、資産をつくっているという自負心と、プロとしてのプライド、そして施主の期待や信頼が職人さんたちまで伝わっていることが何よりも大切なのです。

その「施主の顔が見える関係」が、手抜きや欠陥のない家づくりには欠かせず、地元工務店ならではの丁寧な施工は住み始めて、酷暑や極寒などの厳しい自然環境や大きな災害が発生した時に、初めて体感できるのです。たとえ施工マニュアルがあっても、厳しい工期や予算と、施主や現場管理者の目が行き届かない大手プレハブメーカーの現場より、私も含めて、お互いの顔が見える関係が確かな現場をつくるのです。だから私は、地元優良工務店での家づくりをお勧めします♪

無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cms_hiroshima/52396139