2017年02月15日

窓の断熱性能

トリプルサッシ5年ほど前の住宅のサッシは、北海道を除いてほとんどアルミサッシが使われていました。冬の結露がひどいため、まずは「アングル」と呼ばれる窓枠部分に接する部分だけ樹脂が使われ、割高になるものの、室内側が樹脂のサッシも登場してきました。『シャノン』など一部の専業メーカーを除いて、西日本でオール樹脂サッシが使われ始めたのはまだ2〜3年でしょう。

ガラスも「ペアガラス」が一般的で、少し高いものになると「アルゴンガス入り」や「Low−eガラス」といった紫外線をカットするフィルム入りで熱線のカットや断熱性能を高めるガラスが普及しました。

現在当社サービスで工事中の現場では、さらに断熱性能の高い「トリプルガラス」を採用しました。スペーサーと呼ばれるガラス同士の間隔を確保する部材も、以前だったらアルミでしたが、この部材も樹脂となり、窓のコーナーが結露することもほぼなくなりました。

もちろん、サッシ枠は内側だけでなく外部も樹脂製です。
今のサッシはそれぞれの窓に、断熱性能の細かな表示がされています。北西の部屋と南東の部屋では、日射取得や日射遮蔽など、季節や方角によってもガラスの性能を変えていることが分かります。

サッシの性能表示(南東部屋)サッシの性能表示(北西部屋)
まずは南東の部屋に取り付けた窓の性能表示。(左側の画像)
「日射熱取得率」や「可視光線透過率」のほか「耐風圧」や「水密・気密」そして「遮音等級」まで記載されています。ガラスはトリプル(三重)でアルゴンガス入りです。

日射熱取得率は、外部から侵入した太陽光の熱が、ガラスを通してどのくらい室内に入ってくるかという割合。ひさし(軒の出)を長くすることで、夏はガラスに直接日射が当たらないようにすれば、冬の太陽光は暖房の補助熱にもなるので、ある程度熱の侵入は歓迎です。このサッシでは0.58という数値でした。

北西の部屋のサッシは、夏の西日が軒の出に関係なく入ってくるので、少し日射による熱をカットしたいところ。今回のYKK−APのサッシは、日射熱取得率が0.46となっていました。100の太陽熱をガラス面で反射や吸収して、過半数の熱をカット、46%に抑えるという性能です。北面のガラスではもっと小さな数字でしょう。

壁や天井、床下の断熱も重要ですが、やはりそれ以上に窓は相対的に熱損失が大きく、サッシの断熱性能によって室内の快適性には大きな影響を及ぼします。特に吹き抜けのあるような家で、断熱性能の低いサッシを使うと、冬は致命傷になるほど寒いリビングになってしまうでしょう。『コールドドラフト』という現象によって足元が冷たくなるのです。

無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」
Posted by cms_hiroshima at 11:56│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cms_hiroshima/52398704