2021年09月11日

ウッドショック以上に深刻な大工の高齢化・・・

棟上げの様子
公開投稿としてのブログは久しぶりの更新となりました。
この間、大雨による自然災害や、新型コロナの第5波による外出制限、飲食店の営業自粛など、明るい話題を探すほうが難しい状況が続きました。国民の多数が開催に反対するはめになった東京オリンピックは、無観客ながら無事開催され、先ごろパラリンピックも史上二番目のメダル獲得で閉幕しました。目に見えないウイルスのお陰で、国民を二分するような議論になりましたが、私はこのスポーツの祭典を開催してよかったと思います。

さて、住宅業界に話を転じると、このパンデミックによって輸入木材に頼る日本の木造住宅が、輸出国の木材を出荷する港の荷役労働者が、ロックダウンなど新型コロナの影響で不足し、大量のコンテナが滞留、貨物船に積まれた輸入コンテナも海上で待機するなど、世界的に空きコンテナの不足などの連鎖的な船便停滞を招いたようです。その上に米国経済の復活で、建売中心のアメリカ経済で住宅需要が再燃、中国の建築ラッシュなどもあって、日本に構造材が入ってこないという『ウッドショック』と呼ばれる現象で、国内の建築価格の急上昇、材料が調達できないと言った混乱が起きています。

昨日(9月10日)に棟上げをした画像の現場も、ウッドショックの影響を受けましたが、当初「杉材」だった柱が調達できず、同じ価格で余っていた「ヒノキ材」を使うことが出来、施主にとっては棚ぼた的な状況となりました。赤みの入った杉材に比べ、柱が白いのが写真でも伝わると思います。

今後、まだまだ国内ではウッドショックの影響が拡がり、収束は見えませんが、それでも去年のマスク騒動や東日本大震災時のユニットバス等の部材調達の滞留と同様、ときが解決してくれる一時的な危機でしかありません。棟上げで気づいたのは、当日応援含めて8人程度集まる大工の中で、還暦を超えてしまった今年61歳の私よりも年上の大工が過半数だったこと。

この状況は数年で改善することはあり得ず、益々悪化していくばかりです。たとえプレカットなどの機械化・システム化や大工道具の進化などがあっても、建築現場の人不足、高齢化は深刻です。これこそ未来のリスクとして、業界を挙げて取り組まなければならない共通のテーマです。
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」
Posted by cms_hiroshima at 15:00