2022年02月20日

寒くなるほど気密が大切!

気密測定
雪のちらつく寒い2月19日(土)、完成内覧会が終わった夕方に施主立会いの上で気密測定を行いました。「気密」とは、建物の隙間を床面積で割って性能を比較するもので、測定結果は「cm2/m2」という単位で表示されます。つまり床面積1平方メートルあたり、どのくらいの隙間があるのか、測定器で負圧を掛けて入ってくる空気の量で測ります。隙間が少なければ、それだけ吸い込む圧力が大きくなり、吸気ファンに負荷が掛かります。

空気は暖かければ軽くなって上昇し、冷たい空気は床付近に滞留します。温度差があるほど空気は対流し、室内と戸外との温度差が大きいほど熱は早く移動するから、隙間があればそこから外気が進入してきます。いかに断熱材を厚くし、サッシを高性能にしても、温めたエネルギーが隙間から漏れてしまうから、建築時に隙間の小さな家をつくることが必須です。さらにいえば、水蒸気を含んだ室内の空気が、壁の内部などに入ることで、壁体内結露を生じさせ、木造住宅の耐久性にも影響を及ぼすから、建物内で気流が生じないよう、気密が大切になるのです。



20220219_33

今回の気密測定では、相当隙間面積C値0.3cm2/m2という計算結果となって、かなり高い気密性能だということが確かめられました。一般的に、西日本では2.0cm2/m2よりも小さい数字であれば、計画的な換気が可能な気密性能だと評価され、東北以北では1.0cm2/m2よりも隙間の小さな建物が求められます。0.5cm2/m2未満であれば、北海道の高性能住宅並みの気密性能です。

こちらの建物は、床を無垢のフローリングにし、床下エアコンを施工したので、日中でも広島市内の中心部(当社事務所のある本川町周辺)でも断続的に雪が降るような天候でしたが、室内は20℃に保たれ、床の表面温度も見事に20℃前後でスリッパがなくても暖かさを感じるリビングの床でした。 

サッシの断熱性能が低ければ、外気温で下がった室内空気が窓ガラスを沿って落ちてくる『コールドドラフト』と呼ばれる現象で床が冷たくなります。大手ハウスメーカーの複合フローリングで床が冷たく、床暖房が必須となるのは、これが理由です。気密測定に立ち会った施主も、実際に素足で床の暖かさを体験し、納得されていました。これから外構工事を行い、お引渡しは3月末です。

無料Eブック(PDF)配布中
自分で出来る「欠陥住宅を防ぐ7つの自己防衛策」
第二弾!
家づくりで後悔しないための「優秀営業マンを見分ける5つの質問」
Posted by cms_hiroshima at 17:48