2018年12月23日

今年最後のお引渡し

20181222_01
2018年最後のお引渡しは、廿日市市で土地購入からサポートしたK様ご家族。
お客様の声のサイト公開にもご協力いただき、完成時の模型もプレゼントしました。着工後の変更も反映させた100分の1縮尺の図面に忠実な建築模型です。

サイトで公開を了承いただいたお客様も102組目となりました。実際にはもっと数多くのサービス利用者がいらっしゃって、それぞれ満足のいく家づくりをされてお引渡ししましたが、引っ越し前後の忙しさや、仕事柄あまりホームページで家族の顔をさらしたくないといった方もいらっしゃいますので、任意でのご協力のお願いをしています。

それでも100組を超えるご家族が、わざわざアンケートに答え、これから家づくりをされる方たちに参考になればと、自分たちの経験を公開していただいています。是非2019年以降、家を建てる計画のある方は、先輩施主の声を参考にしてください。

https://cms-hiroshima.com/reason/102/
  

Posted by cms_hiroshima at 11:22

2018年10月13日

アイランドキッチンのプランニング

アイランドキッチンを回る子供たち

少しブログの更新が滞っていましたが、この間2軒のお引渡しを終えました。画像は広島市南区でお引渡ししたA様邸です。

当社に最初に相談に来られたのは2017年2月末。資料請求はそれから半年以上遡りますが、ようやく土地を見つけたものの、その土地で自分たちがイメージするようなおうちが敷地内に収まるのか?そして建築予算がどの程度になるのか?さらに土地を仲介した不動産業者が紹介する建築業者では不安もあるということから、ご要望をお聞きし、プランを作成して、入札を行ったのが平成29年の4月でした。
 
子供たちが家中を走り回り、キッチンや水回りもぐるりと回れると、家事動線も動きやすいということから、何度もプランをやり直し、ようやく納得のいく家が出来ました。画像はお引渡しの日に大喜びして走り回る子供たちです。お母さんはキッチンメーカーのスタッフの使用説明を受けています。

このような『アイランドキッチン』で、両脇に通路を確保しようとすると、キッチンの幅が例えば2550でも横幅4.5m(2間半)の空間が必要となります。東西に配置するのか、南北で設計するのか、いずれにしても間取りや構造に制約条件が出てきます。

ご主人が「自分たちはとっても満足していますが、注文住宅を建てて自分たちの要望通りにお願いすることがどれほど大変なことか、同じプロセスを知り合いにも経験してもらうのは、正直相手にも覚悟が必要だと感じました」と、正直な感想を頂きました。それほど、オリジナルな間取り、特注の造り付け家具まで丁寧に要望に応えていくと、施主自身もずっと家づくりのことで頭がいっぱい、お休みも家づくりの打合せでつぶしてしまうような状況にも陥ります。

でも実際に完成し、お引渡しを迎えて子供たちがテンション高く、自由に家を走り回っている様子を見ると、ご主人も目尻が下がり、私たちもほほえましい気持ちになりました。「家づくりは3回建てないと満足できない」と言われていますが、そのようなことができない現状で、これからも満足度の高い家づくりのサポートを心掛けていきたいと思います。  
Posted by cms_hiroshima at 16:03

2018年09月05日

入居後1年経過したお客様訪問

入居者インタビュー_27

記録的な猛暑だった今年の夏も、ようやく涼しさが感じられるようになりました。ご報告が遅くなりましたが、まだ猛暑が始まったばかりの6月末、去年の5月にお引渡しした広島市西区のK様のお住まいを取材訪問させていただきました。

新居で生まれた赤ちゃんも、断熱性能が高く静かな室内で元気に育っていました。取材後に身内に不幸があったり、あの西日本豪雨災害などが重なり、記事にしてお客様の了解を得るまでに時間が経った上に、こちらのブログでの紹介も、さらに気づけば9月の声を聴いていました。

お引渡し時に頂いた『お客様の声』では100番目、入居者インタビューでは27組目の取材記事にOKを頂きました。入居後一年を過ごして、家の性能や生活のしやすさ、工務店の対応などがさらによく分かります。

今回は、K様邸を担当した旭ホームズの1年点検に合わせて訪問したので、営業担当の名藤氏も一緒にご家族と記念撮影しました。快適にお過ごしの様子を以下のインタビューURLでご確認下さい。

https://cms-hiroshima.com/interview/27/
  
Posted by cms_hiroshima at 15:00

2017年09月13日

お引渡し終わりました!

完成お引渡し
最近ブログの更新が月一回になっていて、周辺の話題がほとんどだということに気づきました。建築現場は日常的に動いているので、こちらは「普通」になっていますが、家づくりを具体的に検討している方にとっては、住まいづくりコンシェルジェのブログになっていないとお感じになるかも知れませんね。

先日お引渡しを終えた佐伯区のTさん。
注文住宅ならではの遊び心いっぱいの家が完成しました。

間取りの自由度はもちろん、写真のキッチンも通常採用する建材メーカーのカップボードではなく、古材を加工してオリジナルで家具を作りました。吊戸棚とか照明、カウンタートップのタイル張りなど、奥さんがイメージを集めて雑誌に出ているようなキッチンが出来上がっています。

インテリアも凝り、部屋ごとに壁や天井の色、柄を変えて楽しんでいます。私もここまで大胆に色々なクロスを使った家は初めてでした。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 11:05Comments(0)

2017年09月01日

四季を通じて暮らされたお客様インタビュー

入居者インタビュー
ご報告を忘れていましたが、まだまだ暑さが続いている8月の下旬に、去年お引渡しした東広島市のお客様のご自宅を訪問し、一年間暮らしてみられての感想をお聞きしてきました。弊社ホームページで99番目の『お客様の声』を頂いているW様ご夫妻です。

http://www.cms-hiroshima.com/reason/reason-099.html

事前に取材のご連絡をしていたとはいえ、キッチン周りはまるでオシャレなお店のように飾られ、入居後もセンス良く暮らしていることが感じられます。ステンレスのアイランドキッチンと、背面にあるシンプルな棚、そして天井に向けてライトアップされた間接照明など、見てもらうことを意識したキッチンです。

通常は、壁面にカップボードを設け、調理台部分は手元が見えないようにして、多少片付いていなくても生活の様子が見えないようにするケースが多いのですが、気のおけない友人を招いてパーティが出来るような空間です。リビングと中庭のウッドデッキとも続いているので、会社の人たちも呼ばれて実際にパーティも開いたそうです。

実際にはご主人の自慢は建物の性能。
断熱性能には特にこだわり、高いレベルの省エネ基準をクリアして、さらにソーラー発電も搭載したゼロエネルギー住宅ですが、実際に来場された友人はほとんどそのことに気づきません。床暖房もしていないのに、冬は「床暖房しているの?暖かいね!」と聞かれる程度で、建物自体の性能には気づかない人がほとんどだったそうです。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 14:43Comments(0)