2017年12月20日

スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査

地盤調査の実施

家づくりのプロジェクトでは、本当に数多くのチェックポイント、重要なイベントがあります。今回実施した地盤調査地耐力調査ともいいます)も重要なポイントの一つです。

こちらの現場は広島市南区。海岸線からは少し遠い、国道2号線に近い場所ですが、広島市内の平地は江戸時代後期から埋め立てられた場所が多く、軟弱地盤で地下水位が高い”液状化の恐れのある土地”が多いのです。

熊本地震でも明らかになったように、益城町のような台地の上のような土地であっても、阿蘇から湧き出る地下水脈があるような水の豊富な場所では、地盤によって地震の揺れが増幅され、新しい耐震基準の建物でも倒壊するケースがありました。もちろん「直下率」や「耐力壁量」や「耐震等級」も重要ですが、それ以上に土台から下の「基礎の強度」や「地盤の地耐力」が重要です。

昔の業者は、他の現場の写真を添付して、測定結果を偽装するということが少なくなかったようで、実際に横浜で建設された大規模マンションでも大手企業が地盤調査の結果を偽装していたことが問題になりました。

私は、施主の代理人として地盤調査も工務店や調査会社任せにせず、実際に現地に足を運んで調査にも立ち会って貫入の音や回転数なども確かめたうえで、調査データ提出してもらっています。今回の現場では、若干液状化の懸念は否定できないものの、しっかりとした砕石地業にベタ基礎で、地盤改良の必要は無しという判定が出ています。

家づくりは、もちろん間取りや見積金額も大切ですが、どの会社に頼むかや営業マンとの相性よりも、実際に自分たちが大きなお金を負担する建築工事の段階で重要ポイントを押さえていくことが何より大切です。

なお、モデルハウスの豪華さや営業マンの対応の良さは、あなたが実際に手に入れる建物の快適さや耐久性に「何の影響も与えるものではない」という事実はしっかりと押さえておくことをお勧めいたします。  

Posted by cms_hiroshima at 15:00Comments(0)

2017年10月20日

軒の機能と耐候性

軒のない家
日本では住宅は”差別化商品”となってきていて、他社といかに違う素材、デザイン、性能を競うかで、お客さんの関心を引き、競争を避けて自社を選んでもらうかに時間とお金を費やしています。

画像の建物は、たまたま街歩きをしていた時に見つけた住宅で、誰が設計したとかは不明ですが、”流行りのデザイン”を重視した結果、軒先の無い、窓の小さな「箱形の建物」になっています。住宅雑誌などでもこのようなデザインの住宅が紹介され、団地内でも見掛けるようになってきました。

すぐに気付きますが、軒(ひさし)の形状に合わせて、外壁の汚れが目立ちます。せっかくオシャレでかっこいいデザインを目指したのでしょうが、室内で飾るオブジェと違い、住宅は外部に面して風雪から紫外線、地震力などの厳しい自然環境にさらされ、劣化もしていきます。

新築時に、写真に収めて「かっこいい!」というだけでは、その後のメンテナンス費用や見た目も”想定外”になっていくリスクは否めません。特に流行りのデザインは、必ず将来の”流行り廃り”で陳腐化していきます。その点、欧米の住宅は、ハードもソフトも、そしてデザインも建築費さえも『資産価値が持続する』ことを最優先に、プロがしのぎを削っています。
 
そこには「差別化」という発想よりも『標準化・規格化・単純化』の中に、30年後も人々から愛されるデザインを採用しているように感じます。
 
街歩きをしていても、いろいろと感じることがありますね!  
Posted by cms_hiroshima at 15:36Comments(0)

2017年09月13日

お引渡し終わりました!

完成お引渡し
最近ブログの更新が月一回になっていて、周辺の話題がほとんどだということに気づきました。建築現場は日常的に動いているので、こちらは「普通」になっていますが、家づくりを具体的に検討している方にとっては、住まいづくりコンシェルジェのブログになっていないとお感じになるかも知れませんね。

先日お引渡しを終えた佐伯区のTさん。
注文住宅ならではの遊び心いっぱいの家が完成しました。

間取りの自由度はもちろん、写真のキッチンも通常採用する建材メーカーのカップボードではなく、古材を加工してオリジナルで家具を作りました。吊戸棚とか照明、カウンタートップのタイル張りなど、奥さんがイメージを集めて雑誌に出ているようなキッチンが出来上がっています。

インテリアも凝り、部屋ごとに壁や天井の色、柄を変えて楽しんでいます。私もここまで大胆に色々なクロスを使った家は初めてでした。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 11:05Comments(0)

2017年02月02日

天井断熱と屋根断熱

断熱材にくるまれた棟札完成した建物では施主でも見ることがない断熱材ですが、壁以上に重要な断熱箇所は小屋裏です。これまでは「天井断熱」として、天井裏にグラスウールやロックウールなど、繊維系の断熱材を敷き詰めることが多かったのですが、天井吊り木などがあり、布団に隙間が生じるのと同様、どうしても断熱材を置くだけでは、天井裏に熱が逃げたり、夏の暑さが天井裏に伝わり、寝苦しい夜を過ごすといった形になっていました。

今回の現場では、天井裏ではなく屋根の下に現場発泡ウレタンを厚めに吹き付けました。一般的な天井断熱であれば、小屋裏空間は「外部と同じ環境」になり、冬は寒く、夏は蒸し風呂のようになってしまいます。しかし屋根断熱であれば、小屋裏空間が2階の部屋と外気温の緩衝地帯となって、暑さや寒さを和らげることが可能です。特にウレタン吹付は断熱性能だけでなく、気密性も高くなります。

注意しなければならないのは、屋根下地と断熱材の間が結露しないような対策を打つことと、天井断熱では断熱材が不要な妻側の「破風」の三角の部分の断熱材を忘れないことです。前者は軒先から垂木間に「通気層」を設けて、棟換気から空気が抜けるようにします。

しっかりと断熱施工をすると、現場で働いている大工さんだけでなく、小屋裏の棟束に取り付けられたお多福さんと棟札も、快適な空間となります。お顔を見ると喜んでいただいたようですね♪  
Posted by cms_hiroshima at 17:53Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

火災に強い家づくり

省令準耐火のコンセントボックス昨年末、新潟県糸魚川市で発生した大火災は、古い木造密集地での火災の危険性を再確認する大災害になりました。つい先日、22年目の黙とうを捧げた「阪神淡路大震災」でも、地震による圧死だけでなく、その後に発生した火災によって多くの命が失われました。

糸魚川の火災は、駅前の商店街で『準防火地域』という耐火性能の高い住宅が求められていたようです。しかし鉄筋コンクリートの建物でさえ、窓ガラスから入ってきた猛火で室内は延焼、強風にあおられて次々と類焼していきました。しかし奇跡的に燃えることなく、焼け野原にたった1軒だけ残った住宅は、特別に耐火仕様で造った木造住宅だったのです。

画像は、現在工事中の現場のコンセントボックス。省令準耐火仕様として鋼製(通常はプラスチック)で、仮に火が侵入しても壁の中を走らないよう耐火パテで延焼を防止しています。壁の下地を石膏ボードで防火としていても、コンセントやスイッチが溶けて壁内部を火が上昇すると、火に勢いがついてしまいます。今では、そのまま天井に火が抜けていかないよう『ファイヤーストップ』という材料で火の回りを抑え込みますが、昔の建物は火災も、床下からの冷たい風も、壁内部を通り抜けていました。

ちなみに画像の左側に見える「筋交い」金物は、熊本地震のような大きな揺れがあった時も、ダイレクトにビス(ねじ)に力が掛かるのではなく、少し歪んで緩衝することで揺れの力を分散させる筋交いプレートです。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 13:50Comments(0)TrackBack(0)