2018年07月14日

矢野・坂地区のお客様の無事を確認!

西日本豪雨の爪痕
連日のように全国放送で被災状況が流れているのでご存じの通り、7月6日の大雨警報から降り続いた雨が、広島県の東部地域を壊滅的に破壊しました。4年前に発生した『広島土砂災害』以上の規模と範囲が、未曽有の被災状況となっています。(まだ現在進行中)

私事ですが、大雨が降り始めた7月6日は広島市中心部も道路の冠水が見られたので、早めに帰宅しましたが翌日7日の早朝、妻の母が入院先の広島市内の病院で病気による心肺停止になり、朝5時過ぎには帰らぬ人となりました。取り急ぎ、実家のある周防大島で通夜や葬儀を行いましたが、この間道路も鉄道も大雨で寸断され、親族も立ち往生するなど、慌ただしく哀しい週末を過ごしました。

週が明けて、次々と明らかになる豪雨による被害の拡大と、交通機能のマヒは、想像を超え、当社サービスを利用されて新築をお引渡ししたお客さんの安否確認をするのがやっとの状況です。昨日(7月13日)も、被害が大きかった安芸区や坂町方面のお客さんの様子を確認できればと、国道2号線で向かったものの、大渋滞で車が動かず、知人は16Kmのバスでの帰宅に5時間半掛かったということでした。

ようやく本日、国道2号線の混雑が緩和していたので、まずは被害の大きかった安芸区矢野と坂町方面のパトロールに出かけました。画像は、偶然にもちょうど10年前、2008年7月14日にお引渡しした安芸区矢野西のお客さんの自宅近くにたどり着いて撮った写真です。

道路の左側に流れる小さな川は、上流の矢野東で砂防ダムを超えて土砂災害で家々が流された土砂で埋まり、雨が止んで5日も経つのに、水が溢れんばかりに流れていました。川の左側が矢野東、右側が矢野西地区です。

この写真のまだ上流、100m程度先にお客さんの家と自家用車の無事を目にして、一安心。砂埃が舞い、多くのボランティアや地元住民が道路の泥撤去作業をする中、次のお客さんの自宅確認に急ぎました。

結局、矢野西地区4軒、矢野東地区2軒、坂町1軒のお客さんの無事と、建物自体損傷も水害も遭っていないことが確認できました。弊社サイトのお客様の声でご家族の顔写真をみると、胸を撫で下ろします。
https://cms-hiroshima.com/reason_tax/akiku/ 

途中、当社サービスでトップクラスの落札実績を持つ工務店の新築現場にも遭遇し、旧知の担当者にも会うことが出来ました。そのお宅も、完成間際で危うく被災する寸前、ギリギリ水難を逃れたそうです。

建物をどれほど上部に高性能に建てたとしても、津波や土石流などには勝てません。やはりどこに家を建てるか?」ということの重要性が高まったのが、今回の水害の教訓です。  

Posted by cms_hiroshima at 15:05

2018年05月06日

中国新聞プラスワンの掲載記事

前回のブログで紹介した『川島宏治のTHEひろしまプラス1』の放送が、地元ケーブルテレビ「ちゅピCOM」で始まったようです。私事ですが、5月2日に妻の父が長い療養生活から解放され、静かに息を引き取ったので、GW後半は通夜や葬儀出席のため、家族で妻の実家に帰省していました。

昨夜帰宅直前に近くのコンビニで買った新聞のトップに、米国トランプ大統領と並んで私の顔写真が掲載されていました。中国新聞の夕刊にあたる「セレクト」という地元紙です。
中国新聞セレクト
この記事は、中国新聞社が子会社化している地元CATVの番組と連動しており、元RCC中国放送の看板アナウンサー・川島宏治さんの番組『川島宏治のTHEひろしまプラス1』での放送と併せて、ご紹介いただきました。

放送は5月5日から一週間、午前10時、午後7時、午後11時半の3回、再放送もされるようです。尾道のCATVでも放送されるということなので、見ていただけると嬉しいですね!

http://www.octv.co.jp/nextweek_comichan

ちなみにセレクトにはトップ面から続いて、第2面にも取材記事が掲載されていました。
川島宏治のTHEひろしまプラス1

  
Posted by cms_hiroshima at 17:00

2018年02月06日

広島市総合計画審議会の市民委員に就任

委嘱書
去年より、広島市の都市整備局が開催している『広島市都市計画審議会』の市民委員として、市街化区域の用途地域変更などの審議に参加し、広島市の都市計画行政に質問や意見をぶつけていますが、今年からは都市計画の「上位計画」となる『広島市総合計画審議会』の委員としても活動することになりました。

このたびその第一回の審議会が2月5日に開催されました。
画像は松井広島市長名による委員就任の「委嘱書」です。

広島市総合計画は、少子高齢化や地域のコミュニティの活力低下、未来を担う子供たちの育成など、様々な課題に対して10年単位の基本的な指針をつくるというもので、現在は2009年から2020年までの『第5次広島市基本計画』が進行中です。次の10年間の基本構想となる第6次基本計画を、このたび私を含む25名の委員で議論することとなりました。

AIやロボティクスなどの「省力化技術」の進展から、ブロックチェーンや仮想通貨など「金融技術」の進化、ip細胞などバイオテクノロジーによる「医療・介護」分野の大きな変化など、これから10年間で起こる技術革新が、広島という政令指定都市にどのような変化をもたらせ、私たちの暮らしがどのようになるのか、未来をイメージして現在の計画を立案していかなければなりません。

その延長線上に、不動産や住宅といった、重要な個人資産を守り、暮らしやすい街づくりの計画がブレークダウンされていきます。住まいづくり専門コンシェルジェとして、少し市の政策にも関与して、よりよい地域づくりに寄与していく所存です。
  
Posted by cms_hiroshima at 10:22

2016年08月12日

広島市都市計画審議会市民委員の初仕事!

都市計画審議会委員4年前に、広島市が公募していた『都市デザインアドバイザー会議』の市民委員となって2年間、主に公共建築物のデザインに関して意見を言う立場を経験しましたが、今年はさらに範囲の広い『広島市都市計画審議会』の市民委員に選ばれました。前回同様、公募で書類審査、面接の結果、男性1名・女性1名枠の中で選任してもらうことが出来ました。

初仕事はお盆前の最も暑い時期。広島市役所の議会棟の「全員協議会室」で行われました。

学識経験者や市議会議員なども含めて、委員席に20名。そして説明する側に、広島市役所の都市整備局の部長以下、都市計画課の職員の人たちとマスコミ関係者が揃い、4つの議案に関して審議しました。イメージとしては、マンション管理組合の総会で行われる「議案の提起」と「住民による審議」という感じです。

  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 15:54Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月27日

住宅業界の勉強会

住宅産業塾パネルディスカッション去年は建材関連団体など、異業種の方々に講演をする機会を何度かいただきましたが、今年は住宅業界のプロ向けに話をする機会を頂きました。とはいっても『基調講演』のようなひとりで講演する形ではなく、数名の専門家が壇上に登壇してそれぞれの立場から発表する『パネルディスカッション』に招かれました。

画像はその壇上からの休憩中の画像で、東京田町の『笹川記念館』にて開催された住宅産業塾主宰の「新春セミナー」の一コマです。

工務店の経営者や大工さんなど、施工のプロを中心に全国から約150名の参加。『現場きれいコンテスト』などの発表もあり、本当に現場を大切に思っている全国の優秀工務店が集まっていました。その中で私も自分の取り組みや、今後考えるべき取り組みなどを発表しました。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 16:27Comments(0)TrackBack(0)