2017年10月20日

軒の機能と耐候性

軒のない家
日本では住宅は”差別化商品”となってきていて、他社といかに違う素材、デザイン、性能を競うかで、お客さんの関心を引き、競争を避けて自社を選んでもらうかに時間とお金を費やしています。

画像の建物は、たまたま街歩きをしていた時に見つけた住宅で、誰が設計したとかは不明ですが、”流行りのデザイン”を重視した結果、軒先の無い、窓の小さな「箱形の建物」になっています。住宅雑誌などでもこのようなデザインの住宅が紹介され、団地内でも見掛けるようになってきました。

すぐに気付きますが、軒(ひさし)の形状に合わせて、外壁の汚れが目立ちます。せっかくオシャレでかっこいいデザインを目指したのでしょうが、室内で飾るオブジェと違い、住宅は外部に面して風雪から紫外線、地震力などの厳しい自然環境にさらされ、劣化もしていきます。

新築時に、写真に収めて「かっこいい!」というだけでは、その後のメンテナンス費用や見た目も”想定外”になっていくリスクは否めません。特に流行りのデザインは、必ず将来の”流行り廃り”で陳腐化していきます。その点、欧米の住宅は、ハードもソフトも、そしてデザインも建築費さえも『資産価値が持続する』ことを最優先に、プロがしのぎを削っています。
 
そこには「差別化」という発想よりも『標準化・規格化・単純化』の中に、30年後も人々から愛されるデザインを採用しているように感じます。
 
街歩きをしていても、いろいろと感じることがありますね!  

Posted by cms_hiroshima at 15:36Comments(0)

2017年07月19日

福富町の古民家で『建築士の日イベント』講演会

イベント会場の土間で講演会
ご報告が遅れましたが、7月8日(土)東広島市福富町にて、広島県建築士会東広島支部主催のイベントの講師として1時間の講演をしてきました。テーマは「景観」で、会場は近畿大学工学部建築学科の准教授、谷川大輔先生が移住のために自ら購入した古民家をお借りして、第二部では私と谷川先生との公開討論会も行いました。

タイトルは『ずっと住み続けたいまち そこには「美しい景観」がある。』という、ちょっと壮大なテーマになりましたが、日本のコンパクトシティの代表的な事例である青森市と、人口規模的に近いドイツのフライブルク市の人口密度や街並み、商業施設などを比較しながら、東広島市の酒蔵通りなどの地元の景観にもスポットを当てて、お話をしました。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 11:19Comments(0)

2017年01月15日

コミュニティ型賃貸住宅の見学会参加

テラスコート牛田旭今年最大の大寒波が到来した1月第2週の週末、知人がオーナーとなって建築したコミュニティ型賃貸住宅『テラスコート牛田旭』のオープンハウスに行ってきました。親族4世帯が住む山裾の広い敷地で雑木林になっていた法面を、将来の相続の対策も含めて10年前から計画、様々な難しい課題をクリアして、ようやく完成にこぎつけたということです。

良くあるアパートと違い、上下階に他人が住まない『メゾネット形式』の連棟住宅で、欧米では一般的なセミデタッチドと呼ばれるテラスハウスです。2LDKおよび3LDKで二階建て三層(ガレージおよび玄関のみの階あり)の建物ですが、オーナーがコミュニティを重視してつくった意欲的なプロジェクトで、私が行った時も地元TVの取材が入っていました。

雪の原爆ドーム急傾斜地でもあり、進入路が狭いため、広島市の開発許可を得るのも、宅地造成も大変な苦労があったとお聞きしましたが、良質な賃貸住宅が少ない中、戸建て感覚で近隣住民とのコミュニティを重視したこのような住宅は、人口減少や空き家増加などの社会問題に対して、ひとつの解決策を提供できると感じました。

夜は、別の知人の会社創立20周年の記念パーティ参加のため、広島国際会議場に行ってきました。雪化粧してイルミネーションで浮かび上がる原爆ドームは、長く広島に住む私にとっても珍しい光景でした。さすがにこの寒さ、観光客はおろかほとんど歩く人もいない平和記念公園でしたが、参加したパーティもオープンハウスも、人のつながりを感じさせる心の温かさが伝わってくるイベントでした。  
Posted by cms_hiroshima at 11:19Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月22日

オガールプロジェクト

オガール紫波の中央公園久しぶりに東北まで来たので、本やネットで興味を抱いていた街づくりプロジェクトにも足を伸ばしてみることにしました。岩手県紫波町の『オガール紫波プロジェクト』です。

中尊寺のある平泉から在来線で約1時間、東北本線で紫波中央駅を下車したら目の前です。途中、鳥取県倉吉市を中心とした震度6の地震情報が入り、妻からも「7Fにある事務所が揺れて怖かった!」とメッセージも届きビックリしました。4年前には近くまで来ましたが、その頃はこのプロジェクトは無名で、私たちは東日本大震災で大きな被害を受けた住田町や陸前高田市の視察だったので、当時はノーマークでした。

紫波町の人口は約3万人。盛岡市から通勤圏とはいえ、過疎と高齢化が進む小さな町のプロジェクトは、全国の地方都市に大いなる勇気をもたらせる興味深い事例がこのオガール紫波の取り組みです。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 17:47Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月21日

世界遺産の毛越寺・中尊寺に行ってきました!

毛越寺当社が所属している『全日本不動産協会』の年一回の全国大会が宮城県仙台市で行われました。基調講演や事例発表などを終えて翌日、東日本大震災の復興も兼ねて、全国から集まった不動産業者のメンバーが、いくつかのツアーに分かれ、私は世界遺産のある岩手県平泉町のツアーに参加してきました。

この地に来るまで知りませんでしたが、平泉にある世界遺産は『中尊寺』だけでなく、毛越寺(もうつうじ)という平安時代に建てられた寺院の跡地など、京都でも見ることが出来ない歴史遺産があることを知りました。中尊寺も、本尊のお寺よりも、当時この地を支配した藤原氏の4代が眠る金色堂や、そのお堂を風雨や劣化から守る「覆堂」など、現地で初めて歴史的な背景や中尊寺の規模などを知ることが出来ました。
  続きを読む
Posted by cms_hiroshima at 14:14Comments(0)TrackBack(0)